2018年7月6日金曜日

Grasshopperを使ったパラメトリックモデリングのワークショップ - ブラジル




Lab for Architectural Singularity がワークショップ、Parametric Modeling Workshop with Grasshopper を開催し、建築やデザインに適した特に高度なジェネレーティブモデリングソフト、Grasshopperを使ったデザインパラメーターを通した複雑なジオメトリの開発、コントロール、実現可能性を紹介する入門コースを提供しました。



日程: 2018年7月23 - 27日
時間: 7pm-10pm
参加費用: 1,000,00ブラジルレアル
Location: Rua João Moura 2152
São Paulo, SP 05412004
ブラジル、サンパウロ

ワークショップは建築家、デザイナー、エンジニア等、パラメトリックモデリングツールに関心のある方でしたらどなたでも参加可能でした。



お問い合わせはメールでどうぞ: Renata Portelada


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

2018年7月5日木曜日

CFDで船舶設計/マリンデザインを向上


こちらで船舶向けのウェビナー、Orca3D Marine CFD Webinar の総合ビデオ(英語)をご覧いただけます。ほとんどの標準的なマリンデザインに影響を与えられるCFDがどれほど利用しやすいかが分かります:

Welcome and Introduction
Live Demo - Resistance Analysis
Orca3D Marine CFD Overview
OMCFD Benchmarks
Case Study: Improving Designs with OMCFD
Orca3D Marine CFD]
Recent OMCFD Developments
Pricing
Wrap Up/Q&A

2018年7月4日水曜日

フランス、ナントでのイベント、BtoBIM、2018年7月5日


認定RhinoリセラーのRhinoforyouBtoBIM(2018年7月5日木曜、Icam Nantes、ブースnº3にて)でRhino、Grasshopper、VisualARQの最新情報を紹介しました。

原文投稿者: Carlos Pérez

2018年7月3日火曜日

Conveyor - Revit向けの高度なRhinoファイルインポーター




Proving Ground からまた新しいツールが公開されています。

Proving Ground のカスタムソフト開発キットはRhinoとそのジオメトリ/コンピューテーショナルデザインのプラットフォームを、Revitとそのビルディングインフォメーションモデリング(BIM)のプラットフォームをつなぎます。

原文投稿者: Sandy Mcneel

2018年7月2日月曜日

南カリフォルニア大学でのBIMカンファレンス

BIM BOP 2018


プレゼンテーションと建築、エンジニアリング、建設の分野でエキスパートの講演者とプレゼンテーションでBIMの最新情報を得られる素晴らしいカンファレンスが行われ、様々なデジタルツールの統合が、規模の大小を問わずプロジェクトに影響している様子が紹介されました。

講演者は30名以上が集まり、単位(5 AIA CEU)も認められました。

The Twelfth Annual USC BIM Conference
2018年7月12日、8:00 am – 5:00 pm
USC, School of Architecture, Los Angeles, CA, USA

(米国 南カリフォルニア大学)


原文投稿者: Sandy Mcneel