2018年6月8日金曜日

入門 - ジュエリーモデリングと3D印刷


Introduction to Jewellery Modeling and 3D Printing by Chesco Díaz
2018年6月16-17日
Instituto Gemológico Español 
C/ Alenza, 1. 28003 Madrid(スペイン、マドリード)

IGE(Instituto Gemológico Español) がジュエリーモデリングと3D印刷の入門コースを行い、ジュエリーモデラーでRhinocerosおよびRhinoGoldの認定トレーナー、IGEの教員でもある Chesco Diaz が、デザインからジュエリー作品の印刷まで、一般的な作業プロセスを紹介しました。

受講料: €100 (IGE割引き15%)

2018年6月7日木曜日

スノーヘッタの放射状ランドスケープ




スウェーデン南部にあるルンドで、スノーヘッタがシンクロトロン放射ラボの MAX IVから放射するよう機能的に造園された公園をデザインしました。このランドスケープには地面の震動を和らげる機能があります。

検査で近くの幹線道路が地面を振動させ、ラボの実験に影響する可能性があることが明らかになりました。地形が平らであるほど振動が敷地に伝わり、雑然としている方が敷地に届く振動は少なくなります。

3Dモデリングが極めて重要であることが証明されました。スノーヘッタは振動の特質をGrasshopperに挿入する有理数値に取り出すことで、デザインのレイアウトを確立しました。交通の振動に一致する盛り土の間隔と波長パターンでのうねりは、同時にシンクロトロンの建物の円形フォームに対応します。



原文投稿者: Sandy Mcneel

Bison for Grasshopper + Rhino 6

Bison は Grasshopper + Rhino 6 向けのランドスケープアーキテクチャー プラグインです。

メッシュ解析から編集への連続したワークフローを重視し、コンポーネントを簡潔で直感的に保つよう動作します。解析ツールには傾斜やアスペクトのビジュアライゼーション、切土/盛土の計算、分水界のモデリング、その他多くが含まれ、コンポーネントの編集と同時に曲線や点に基づくメッシュが変形します。Bisonにはランドスケープメッシュのインポート、三角形分割、リサンプリングのためのツール、また注釈付きの平面図や断面図のコンポーネントも含まれています。

現在、最初のベータリリースが公開されています。 ダウンロードリンクとコンポーネントのドキュメントは bison.la をご覧ください。


原文投稿者: Jody Mills

2018年6月4日月曜日

Speckle 1.0.0



Speckle はオープンソースのデザイン/AECデータ交換プラットフォームで、現在GrasshopperとRhinoに統合されています。デザイナーがチームでジオメトリや情報をリアルタイムで簡単に共有するのに役立ち、データの所有権は完全に維持することができます。プラグインのテストはすぐにお試しいただけます。


原文投稿者: Carla Sologuren