2018年5月4日金曜日

木製テキスタイルのロボティックファブリケーションで研究員募集 - カッセル大学



The カッセル大学が木製テキスタイルのコンピューテーショナルデザインとロボティックファブリケーションの研究プロジェクトに加わる新しい研究員(50% EG 13 TV-H)を募集しました。材料科学、エンジニアリング、美術、コンピューターシミュレーション、デジタルファブリケーション、建築の分野でカッセル大学の6つの研究グループのコラボレーションにつながるプロジェクトで、業務にはデザイン作業、マテリアルの研究、ロボティックファブリケーションラボでの建築プロトタイプ、学部全般の組織業務が含まれます。

応募ではCV、意欲をアピールする手紙、ポートフォリオをメール(bewerbungen@uni-kassel.de、Reference: 31401)で提出し、英語を話す応募者も歓迎されました。
詳細のお問い合わせ: Philipp Eversmann 教授(+49 561-8042352、eversmann@asl.uni-kassel.de )

募集は2018年5月21日まで受け付けられました。






原文投稿者: Verena Vogler

2018年5月2日水曜日

Iray for Rhino レンダリングが Rhino 6 対応に



Artificial Intelligence De-Noising(AIノイズ除去)を備えた Iray for Rhino レンダリングが Rhino 6 に対応しました!

Iray for Rhino の最新バージョンは Iray Plugin ストアからすぐにダウンロードできる形で公開されています。

何万もの新しいトレーニング画像に基づき、Irayは最近AIでノイズ除去を行う Artificial Intelligence De-Noising アルゴリズムを機械学習で改良しました。最高10の画像収束アクセラレーションを報告していたIrayユーザーは、最新のノイズ除去アルゴリズムを使った最終的な画像のクオリティがさらに向上していることを目撃しています。

この新しいバージョンは既にサブスクライバーとしてご利用の方に無料で提供され、新規ユーザー向けには購入前にお試しいただけるよう30日間の無料トライアルが用意されています。


2017年12月、Iray for Rhino の開発およびサポートはmigeniusへ移行されました。migeniusはIrayベースの様々なプラグイン、製品コンフィギュレーター、物理的に正確なクラウドレンダリング技術で20年以上の経験に基づくプロジェクトを提供しています。


原文投稿者: Sandy Mcneel

2018年5月1日火曜日

Rhino 6 for Windows レベル2オンラインコース



画像: Kyle Houchens(The Outside)

Rhinoスキルのレベルアップをお考えの方に、弊社の Rhino 6 for Windows レベル2オンラインコースをお勧めします。クラス概要はこちらでご覧いただけます。5月は以下のスケジュールで提供しました。


Level 2 Rhino 6 for Windows Online 
日程: 2018年5月8-10日、15-17日
時間: 9:00am - 1:00pm PDT/太平洋夏時間
費用: お1人US$250.00

弊社のオンラインクラスはインストーラーが指導する半日6回のライブトレーニング セッションで、他の参加者やインストラクターに質問したり交流することができます。オンラインセッションは全て録画され、復習用に投稿されます。ビデオはクラス終了後、最長3ヶ月までストリーミング可能です。

原文投稿者: Jody Mills

2018年4月30日月曜日

3Dconnexionシステムドライバー、アップデートを公開

3Dconnexionが先日、3DxWare 10 for Windows のバージョン10.5.6 をリリースしました。

重要: 3DxWare 10 for Windows のバージョン10.5.6 は Rhino 6 for Windows サービスリリース6.4またはそれ以降のバージョンをお使いの3Dconnexionデバイスを使用する必要があります。

このアップデートでは以下の修正と機能向上を提供します:
  • 切り替えに時間がかかっていた問題が修正されました。
  • 3Dconnexion Properties ユーティリティを使ってボタンを設定できるようになりました。