2018年2月23日金曜日

デジタル/実験的デザインおよび建設の研究員募集 - カッセル(ドイツ)


カッセル大学が新しい研究部門、Digital and Experimental Design and Construction で(PhDの可能性を含む)アディティブ ロボティックアセンブリ技術での研究プロジェクト、およびコンピューテーショナルデザインとデジタルファブリケーションの教授活動に関わる新しい 研究員(75% EG 13 TV-H)を募集しました。業務にはデザイン作業、マテリアルの研究、今までにないロボティックファブリケーションラボでの建築プロトタイプ、学部全般の組織業務が含まれています。

英語を話せる人からの応募もメール(bewerbungen@uni-kassel.de、reference: 31226)で、2018年3月8日まで受け付けられました。


原文投稿者: Verena Vogler

2018年2月22日木曜日

RhinoCAM 2018 for Rhino 6 リリースのお知らせ

MecSoft Corporation が RhinoCAM 2018 for Rhino 6 のリリースを発表しました。

RhinoCAM 2018 は Rhino 5、新しくリリースされた Rhino 6 のどちらで実行するか選べるようになりました。いずれのバージョンの RhinoCAM 2018 も別の製品で、個別ライセンスまたはどちらのバージョンでも実行できるブリッジライセンスを購入することができます。

“McNeel & Associates の Rhino 6 は、このポピュラーなCAD/デザインモデリングプラットフォームで特に期待されていたバージョンアップの1つです。MecSoftは長年のパートナーとして、最新のCAMプラグイン、RhinoCAM 2018 が Rhino 6 で動作するようになったことを発表できて嬉しく思います。” - MecSoft Corporation 代表取締役/CEO、Joe Anandのコメント


原文投稿者: Sandy Mcneel

2018年2月21日水曜日

Meshroom VR、バーチャルリアリティでデザインを検証

バーチャルリアリティ(VR)が身近になってしばらく経ちますが、今までは大企業やVRのスペシャリストだけが使えるものでした。Meshroom VR はこの任務に取り組んでいます。Meshroom VR Studio によってデザインスタジオやプロダクトエンジニアリング、マーケティング、その他の製品関連のチーム向けに、企業はバーチャルリアリティ(VR)検証を開放したくなるでしょう。
Meshroom VR Studio は高速で価格も手ごろ、さらに非常にリアルなデジタルプロトタイピングのソリューションを提供します。
Rhinoは特に重要な、ビジュアライゼーションの結果を実寸大で出せる複雑な形状を扱うことができます。



原文投稿者: Delia Robalo

2018年2月20日火曜日

ウェビナー: イヤホン - Rhino 6 スタイル


ウェビナー: Ear Buds – Rhino 6 Style!
2018年2月22日(木)
9:00AM-11:00AM PST(太平洋標準時)


新しい Rhino 6 リリースでポピュラーなイヤホンのモデルを作成/レンダリングする様子を紹介する入門ウェビナーが行われました。セッションの内容:
  • ゼロからシンプルな新規モデルを作成
  • モデリングテクニックおよびアプローチの説明
  • その時使える Rhino 6 の機能とコマンドの紹介.
  • テクニカルサポートのリソース、トレーニングオプション、一番良い練習についてのレビュー
  • セッションを通してヒントやコツを満載し、ノート必須の内容でした。

セッション終了後はVimeoページにビデオを投稿していますので、マイペースでご覧いただくことができます。いつも通り弊社のサポートは無料となっており、皆様からお寄せいただく情報も歓迎しています。

原文投稿者: Jody Mills

ウェビナー: ウォーターボトル - Rhino 6 スタイル




ウェビナー: The Water Bottle - Rhino 6 Style!
2018年2月21日(水)
9:00AM-11:00AM PST(太平洋標準時)




release新しい Rhino 6 リリースでポピュラーなウォーターボトルのモデルを作成/レンダリングする様子を紹介する入門ウェビナーが行われました。セッションの内容:

  • ゼロからシンプルな新規モデルを作成
  • モデリングテクニックおよびアプローチの説明
  • その時使える Rhino 6 の機能とコマンドの紹介
  • テクニカルサポートのリソース、トレーニングオプション、一番良い練習についてのレビュー
  • セッションを通してヒントやコツを満載し、ノート必須の内容でした。

セッション終了後はVimeoページにビデオを投稿していますので、ご自身のペースでご覧いただくことができます。

いつも通り弊社のサポートは無料となっており、皆様からお寄せいただく情報も歓迎しています。

原文投稿者: Jody Mills

2018年2月19日月曜日

FlexHopper - Grasshopperでの物理シミュレーション


FlexHopperはGrasshopperでの非常に素早い物理シミュレーションを提供します。.NET環境から物理エンジン、NVidia Flex にアクセスするオープンソースの C++/CLI インターフェイス、FlexCLI がベースになっており、FlexCLI は NVidia Flex 1.1.0 に対して構築されています。NVidia Flex は NVidia が特許を保有しています。

FlexHopperとFlexCLIの詳細と最新アップデートについてはこちらをご覧ください: https://github.com/HeinzBenjamin/FlexCLI


原文投稿者: Carlos Pérez

Crystallon - Rhino & Grasshopperで格子構造


CrystallonはRhinoとGrasshopperを使って格子構造を作成するオープンソースプロジェクトです。

格子構造向け市販ソフトの代替手段として Aaron Porterfield がFATHOMで開発したもので、サードパーティソフトウェアにエクスポートしなくてもRhinoのデザイン環境で格子構造を生成する機能が明らかな利点ですが、さらにモジュール方式やその他Grasshopperで使えるパワフルなツールを組み合わせることができるという強みもあります。

オープンソースとしてのリリースを決断したのはコミュニティで共有するためだけではなく、ユーザー達を通してさらに開発を進めるためでもあります。ユーザーによって持っているアプリケーションもニーズも異なりますから、フィードバックや使われる皆さんのユニークなケーススタディからの機能向上を寄せていただければと思います。それぞれのツールはクラスターですので、オープンソースの精神に基づいて自由に開き、編集することができます。コミュニティが引き続き発展し、GrasshopperフォーラムおよびGithub(https://github.com/fequalsf/Crystallon)を通して貢献することを期待しています。

原文投稿者: Carlos Pérez

SimLab PDFエクスポート、JTインポート/エクスポート、Composerプラグイン - Rhino 6 に対応


SimLabはこちらのプラグインが Rhino 6 で利用可能になったことを発表しました:


原文投稿者: Carlos Pérez

Ladybug Tools ワークショップ、ロンドン(3月19-24日)


LadybugはGrasshopperに標準的な気象データをインポートし、解析できるようにしてくれます。太陽の位置情報、風配図、太陽放射などのダイアグラムを描き、複数の方法でカスタマイズすることができ、放射の解析、影の研究、眺望の解析も実行できるようになります。

Ladybug開発チームは1週間のワークショップシリーズの日程を、2018年3月19-24日にロンドンで開催すると公式発表しました。日程の詳細はこちらをご覧ください。各ワークショップのお席は限られていますので、どうぞお早めにお申込みください。

原文投稿者: Carlos Pérez

デザイン&パラメトリックファブリケーションのサマーワークショップ、ControlMAD(マドリード)


ControlMADが新エディションのサマーワークショップ、"Design & Parametric Fabrication"を2018年7月2-27日に行うことを発表しました。

このコースはファブリケーションツールによって最終プロジェクトとして大規模なプロトタイプを実際に完成させながら、Rhinocerosを使った3DモデリングとGrasshopperを使ったパラメトリックデザインの知識を得ることに焦点を合わせます。


原文投稿者: Carlos Pérez