2018年9月21日金曜日

ファサードでのバイオミミクリー(生物模倣)とコンピューテーショナルデザイン

Gaurav Goel がインドの雑誌、Window & Facade Magazine に初めて記事が掲載されたことを発表しました。

この記事はバイオミミクリー(生物模倣)とコンピューテーショナルデザインがファサードデザインの論議にどう影響したかが紹介され、ロンドンのコンペからGauravのデザインプロジェクトの1つが例示されています。

Gauravはノッティンガム大学(英国)の建築学修士号とスペインのパラメトリックデザインの修士ディプロマを持ち、2016年に建築スタジオの Parametric Curiosity と、パラメトリックデザインのデジタル探索を共有するソーシャルメディアのブログを設立しました。

Goelの研究の関心は形状探索、仮設/常設パビリオンの設置、形状最適化、CNC/3D印刷を使ったデジタルファブリケーション、建築ファサード、その他ジオメトリの探索にあり、RhinoやGrasshopperといったコンピューテーショナルツールを使っています。

この記事(Biomimicry Inspired Facades & Computational Designは、2018年7-8月号(July-August 2018)の58-62ページでご覧いただけます。




原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: