2018年1月22日月曜日

都市計画のコンピューター分析 - ウェビナー


Computational Analysis & Synthesis of Urban Morphology using Rhino/GH
2018年1月24日(水)

ブログ、Thank God It's ComputationalRhinoとGrasshopper for C+ の利用についてのウェビナーを主催しました。

Computational Analysis & Synthesis of Urban Morphology using Rhino/GH はDeCodingSpaces-Toolboxの紹介です。このプラグインのダウンロードと詳細についてはこちらをご覧ください。

ウェビナーの内容:


  • 都市における機能の分布や住民の移動パターンといった事象の計算や街路網の分析方法
  • 都市形態(街路網、区画、建物)統合のための様々な手法、それらの手法と分析方法へのつなげ方。


費用は$19で、所要時間は90分です。

原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: