2017年7月14日金曜日

レスポンシブサーフェスのサマースクール - 9月11-23日、ローマ(イタリア)


Responsive Surfaces Summer School
9月11-23日
ローマ・ラ・サピエンツァ大学
via Gianturco 2 (G13 classroom)
via Flaminia 70 (F3 classroom)
Ce.S.M.A. laboratories (M1 classroom)
00196 Rome(イタリア、ローマ)


Responsive Surfaces Summer School は、レスポンシブサーフェスの建設やデザインに取り組む上で必須の理論や手段のスキルを提供することが目標です。

コースは一連の講義(lectures)、練習(fablab)、モデリング、インタラクション、サーフェスデザイン (design lab)で構成されます。

コースの最初はキネティックサーフェスのデザインに必要な幾何学理論の基本を取り上げます。

続いてそのデジタル実現に役立つソフトウェアとアルゴリズムを取り上げ、学生達は学んだ知識でデザインしたサーフェスの仮想シミュレーションができるようになります。

仮想シミュレーションと並行してキネティックサーフェスの物理的モデルも製作します。

コースの終わりには環境センサー、デジタル論理、駆動デバイスで物理的モデルを完成させます。実験のため、参加者は物理的モデリング用の設備: 3Dプリンター、カッティングプロッター、熱成型、物理的なプロトタイプを製作する様々なマテリアルを使うことができます。

ツール: Rhinoceros、Grasshopper、Fusion 360、Cinema 4D、また無償アドオンについてもクラス開始時に紹介されます。
言語: 英語
お支払い期限: 2017年8月21日

原文投稿者: Elena Caneva

The Punishment - アーティストの Filipe Vilas-Boas & 建築家の Paul Coudamy によるインスタレーション


パリで行われたデジタルフェスティバル、Futur en Seine で、ロボットが将来起こすかもしれない反抗を予防的に罰するインスタレーション、The Punishment が披露されました。

アーティストの Filipe Vilas-Boas、建築家の Paul Coudamy が手がけた作品ですが、Paulがこのプロジェクトの裏話を教えてくださいました。"机と用紙にそろえるようロボットを配置し、フォントを作成して書き込む反省文をプログラムするのにGrasshopperを使いましたが、あらゆる衝突を避けられるよう計り知れない支援を提供してくれました。"


原文投稿者: Elena Caneva

2017年7月11日火曜日

オンデマンドRhinoトレーニング



オンデマンド Rhino 102 & Rhino Visual Tips トレーニング - McNeel マイアミ


Rhinoトレーニングは、過去に録画されたライブクラスにアクセスできる Vimeo On-Demand で、いつでもどこでも始めることができます。


Rhinoインターフェイスの設定方法や製図、編集、モデリング、新しいガムボールを含む変形ツール等々、様々なインストラクションを盛り込んだ18のチャプター、Rhino Visual Tips 5 のストリーミングができるようになりました。

オンデマンドクラスは、弊社McNeel マイアミのオンラインクラスを録画したもので構成され、移動も日程も気にする必要はなく、今日にも始めていただくことができます!

提供しているクラス:
ご質問はメールで、Lucia Miguel までお問い合わせください。
メモ: ご購入後、クラスは6ヶ月間ストリーミング自由のレンタルとなります。 


RhinoFabStudioとは?  RhinoFabStudio?(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

2017年7月10日月曜日

AAギリシャ出張スクール2016のIVIプロトタイプ、Adaptation Exhibition で展示 - 7月11-14日、ベルリン(ドイツ)



Adaptation Exhibition
開幕: 7月11日、6pm-10pm
エキシビション: 7月12-14日、10am-8pm
Agora Rollberg
Rollbergstrase 26
12053 Berlin(ドイツ、ベルリン)


ハニアで行われたAAギリシャ出張スクールの建築インタラクティブプロトタイプ、IVIAdaptation Exhibition の一環としてベルリンにやってきました.

Adaptation は毎年行われるテクノロジー、音楽、アート、科学のアイデア の祭典、Tech Open Air のサテライトイベントとして開催されました。エキシビション会場はノルケイン区(ベルリン)中心部にあるサステナブル/アーティスティックな実務に向けた実験センター、Agora Rollberg です。

発展を続けるAA出張スクールは昨年、ハニアを訪れて世界規模で成功を収め、コスモポリタン教育的なアプローチを促進しました。

Progressions”(進歩)というテーマのもと、ギリシャや周辺から参加した建築学生や建築家がジェネレーティブ建築デザインとデジタルファブリケーション技術に取り組んだ、集中ワークショップの成果がIVIです。このプロジェクトはハニア旧市街にあるスタジオ空間、Lektorioでデザイン/具体化されました。

完成されたインスタレーションは Centre for Mediterranean Architecture の Sabbionara Gate の展示スペースでも披露され、ハニア当局と Keppedich Kam の共催で一般公開が実現しました。




2017年7月9日日曜日

株式会社ディビジョン・エンジニアリング 工具設計者向けソフトウェア「Minute Flute Designer」を発売


株式会社ディビジョン・エンジニアリング(神奈川県横浜市 代表取締役:大内 功)は、工具設計者向けソフトウェア:「Minute Flute Designer」を2017年6月22日のアプリクラフト・セミナーにて発表しました。Rhinocerosとのコラボレーションにより、ほとんどすべてのCADモデルを読み込み・書き出し。 また専用の溝エディタにより、効率的な設計が可能です。
特徴
・溝形状デザイン時:可変外形、可変ねじれ、可変芯厚を設定可能 
・ドレス砥石形状計算 
・専用の溝エディタ装備 
・高精度NURBSによる溝形状包絡面出力
製品の詳細はこちらをご参照ください。