2017年6月9日金曜日

教育のためのCAM ウェビナー


MecSoft Corporation が5月に主催したウェビナーで、教育向けのコンピューター支援製造(CAM)を取り上げました。サウスダコタ州立大学でのCAM活用例を、MecSoftの教育用製品の概要とデモを含めてご覧いただけます。

パリでのRhinoユーザーミーティング開催




ワークフローにハードウェアを補足したりプラグインを追加したりすることでRhinoの利用を拡大する方法を紹介する、パリで20回目のRhinoユーザーミーティングが6月20日に行われました。

参加したパートナー:

  • 3dRudder: 足で動かす革新的なCAD用3Dマウス
  • VisualARQ: フリーフォーム建築の容易なモデリングやダイナミックなプロジェクトドキュメンテーションをRhinocerosに追加する、フレキシブルなBIMソフト
  • RhinoPiping: ハイエンドな3D配管ソフト。RhinoPipingにBIMエクスポートの機能を追加するRhinoPiping Pro+ の新しいベータが、このユーザーミーティングで紹介されました。
  • V-Ray for Rhino: コンピュータグラフィックス技術の世界的リーダーによって開発された、物理ベースのライティング&レンダリングソフト

基調講演者の紹介するプロジェクトや異なる専門分野のユーザー同士がつながることでインスピレーションを得られるイベントで、プレゼンテーションはフランス語で行われました。






原文投稿者: Delia Robalo

2017年6月8日木曜日

スペインの新しい認定RhinoFabStudio: FablabUE(Universidad Europea de Madrid)


Universidad Europea de Madrid(UEM)FablabUEが認定RhinoFabStudioに加わりました。

学生達はFablabUEで建築モデルから1/1スケールのデザインオブジェクトまで、何でも作成させることができ、自由に使える様々な3Dプリンターやマテリアル、CNCミリングマシン、ビニールカッター、レーザーカッター、ロボットアームを備えています。このセンターには溶接や塗装、鋳型/金型、石膏、コンクリート、陶器釜、木材加工ツール等、従来型のマニュアルツールも用意されています。

FablabUEはUEMに統合されていることから建築、デザイン、美術、工学を専攻する学部生が主に利用しますが、大学院生にも利用されています。業務用や他大学の学生は利用料を含めセンターに問い合わせる必要があります。

FablabUEのスタッフはデザインの他、CNCミリングマシンの場合、RhinoCAM 2 を通したポストプロセスのコード作成に使われるRhinoを使いこなせるよう訓練されています。粘土やPLA押出成形機と一緒に使う場合、ロボットアームへのパスはGrasshopperSilkwormで作成されます。

ここ4年間、大学1年目の学生達はFablabUEを監督するART/認定RhinoトレーナーDiego Garcia Cuevas による異なる科目 - 建築ジオメトリまたは統合作図ワークショップとして - でRhinoとGrasshopperを使ったトレーニングを受けていますから、Rhinocerosは学生達にとってプロジェクト開発のメインツールになりました。

FablabUEについてはRhinoFabStudioのウェブサイトプロフィールをご覧いただくことができます。




http://www.rhinofabstudio.com/

原文投稿者: Elena Caneva

Robert Otani & Daniel Segraves | IASS 2017 マスタークラス


IASS 2017 カンファレンス
HafenCity University(HCU)
ドイツ、ハンブルク
2017年9月25-28日


CORE studio の Robert Otani と Daniel Segraves がドイツのハンブルクで行われる IASS 2017 Conference でマスタークラスを行います。

このクラス、"Parametric Modeling and Optimization of Complex Structural Systems" は複雑なシステムの構造を最適化するためのフレームワーク設定に不可欠な戦略をカバーします。

カバーされる内容:
  • フレキシブルなパラメトリック関係の定義
  • 解析ワークフロー
  • 最適化

このマスタークラスお申込みの最終日は2017年7月15日です。



原文投稿者: Sandy Mcneel

Susan Taing - Bhold創始者



デザイナーの Susan Taing はBholdの創始者で、オーガニックデザインの美学とデータ駆動のデザインアプローチで知られています。趣味としての3D印刷から始まった独学のデザイナーですが、数学をMIT(マサチューセッツ工科大学)スタンフォードで学び、Googleのプロダクトマーケティングで働いた経験があります。

Bholdはニューヨークに拠点を置き、ラピッドプロトタイピング、3D印刷、ベータテストを組み合わせたユニークなアプローチを通して、スマートで機能的なデザインを作り出しています。このため1つ1つの製品を間違いなく可能な限り配慮したデザインに仕上げることができます。


Taingはコンセプトとプロトタイピングの段階にRhinoを使っています。







詳細はvisit
 bhold.co をご覧ください。


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio?(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

V-Ray 3 for Rhino 発表記念パーティー - 6月14日、ロンドン(英国)


V-Ray 3 for Rhino Launch Party
2017年6月14日(水)18:00 - 20:00
The Crypt on the Green
Clerkenwell
London
EC1R 0EA
英国、ロンドン


Rhino UK ユーザーミーティングに続き、同じ会場で Simply Rhino UK が V-Ray 3 for Rhino の発表を記念するパーティーを行いました。

V-Ray for Rhino のユーザー同士や Chaos Group の開発担当者とドリンクを片手に交流し、V-Ray for Rhino の実践デモも行われました。

登録が必要な無料イベントで定員がありましたが、ユーザーミーティング参加者のお申込みについてはチケットが確保されました。



原文投稿者: Elena Caneva

Rhino UK ユーザーミーティング2017 - 6月14日、ロンドン(英国)のスケジュール


Rhino UK User Meeting 2017
2017年6月14日(水)09:00 - 17:00
The Crypt on the Green
Clerkenwell
London
EC1R 0EA
英国ロンドン

Simply Rhino UK が企画した Rhino UK ユーザーミーティングは以下のスケジュールで行われました。

スケジュール概要

09:00 – 受付 & コーヒータイム
09:30 – Simply Rhino の Paul Cowell より歓迎のご挨拶
09:40Carlos Perez - McNeel ヨーロッパ
10:10Emma-Kate Matthews – Weber Industries & EKM Works 
‘Generation to Fabrication’
10:25Francesc Salla – Asuni 
‘VisualARQ 2.0’
10:35Carsten Astheimer – Astheimer Design
‘Astheimer - ベントレー、ジャガーランドローバー、エアストリーム等のための、世界に通用する乗物デザイン’

11:10休憩 

11:40Bedir Bekar & Ian Shepherd – Elliott Wood
‘Battersea Pump House Pavilion の製作’
12:00Bart Radecki – Digits2Widgets
‘DesktopでRhinoから3D Print(さらにその先)へ’
12:25 ? Moritz Waldemeyer – Studio Moritz Waldemeyer
‘パラメトリックデザインに光を当てる’

13:00昼食

14:05
Arthur Mamou-Mani – Mamou-Mani & Anthony Buckley-Thorp – Flux
‘ものづくりのDNA’
14:35Andrew Carmichael – Cham
‘RhinoCFD’
14:50Yavor Stoikov– Chaos Group
‘Parametric, Meet Realism: V-Ray 3 for Rhino を使ったパラメトリックデザインのためのリアルタイムレンダリング’

15:30休憩

16:00Daniel Piker – Kangaroo3d
16:15Oliver Salway – Softroom
‘Softroom “A Range of Work” – 大英博物館、ユーロスター、ヴァージン・アトランティックを含むメジャークライアント
16:45Harry Ibbs – ザハ・ハディド・アーキテクツ
‘Rhino Vray Hypothesis ワークフロー。もし・・・だったら?’
17:20 – 感謝と終了のご挨拶
17:30 – 終了後のイベント/ドリンク

(時間は目安です)




原文投稿者: Elena Caneva

2017年6月7日水曜日

SCADでのお仕事 - ジュエリーの教授




役職: Professor of Jewelry(教授)
カテゴリー: Faculty
学部/学科: SAV - Jewelry and Objects-12600


サバンナ芸術大学(SCAD)米国ジョージア州サバンナでジュエリーを受け持ち、前例のないこのプログラムを支えてくれる常勤の教授を探しています。SCADの Jewelry Department は認定RhinoFabStudioです。詳細は英文をご覧ください。

Job Description: The jewelry field offers endless opportunities for exploration and creation, where designers can use new technologies and materials to create aesthetically striking and wearable objects that delight and surprise. SCAD has the largest jewelry program in the U.S., with a 13,562 square-foot facility boasting cutting edge technology. 

This is your chance to work with talented students within the historic district of Savannah, Georgia, a walkable, bikeable coastal city that provides a living laboratory for the study of art and design.



Interested candidates please visit SCAD Careers for more information.

Join our jewelry community at GJD3D!



RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio?(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。
原文投稿者: Andres Gonzalez

2017年6月6日火曜日

BIM 2017 - 次は何でしょう?


The Eleventh Annual USC BIM Conference

BIM 2017: What's next?
2017年7月14日(金)
8 am - 5 pm
USC, School of Architecture
Los Angeles, CA
(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)


BIM 2017 ではプレゼンテーションが行われ、建築、エンジニアリング、建設のエキスパートが講演者を務めます。

30名以上の講演者が参加する輝かしいラインアップの一部をご紹介します:

  • Parametric Building Information Generation for Design and Construction - Ramon van der Heijden、Asia HK Ltd.(コンピューテーショナルデザインのスペシャリスト)


その他のプレゼンテーション:

  • Parametric Design and Modern Manufacturing - Erik Luhtala、Ceilings Plus(Director of Advanced Research)
  • Generative Workflows for Complex Geometry - Sanjeev Tankha、AIA I LEED AP BD+C、Walter P. Moore(Principal Director I Facade Engineering)

詳細現時点でのプレゼンターリスト....

早期申込み: 6月30日まで、$55
6月30日を過ぎてのお申込みは$125
お申込み: usc.edu/esvp (コード: bim2017)


2017年AAアテネ出張スクール – シンメトリーの感覚性を探るワークショップ、6月12-22日、アテネ(ギリシャ)


AA Athens Visiting School 2017
Symmetry Sentience
2017年6月12-22日
AKTO College – Athens Campus
11Α Evelpidon Street (Pedion Areos)
Athens, 113 62, Greece(ギリシャ、アテネ)


私達の世界は大陸を越えてつながる多くの対話によって豊かなものになっています。このような増幅は、人々を身近なものから遠ざける様々なメディアを通して起こります。建築が流体でフレキシブルで生き生きとしたものになり得る、相互接続のハイパースペースへと構築環境は発展を続けます。2017年、AA Athens Visiting School は行動によって特徴付けられるプロトタイプを通して、積極的関与と一般参加型デザインを含む建築テーマを取り上げます。

参加資格
このワークショップは建築デザインの現役学生、PhD候補者、若手のプロが対象です。ソフトに関する事前知識は不要です。

認定
プログラム修了された方には修了証(AA Visiting School Certificate)が授与されます。

お申込み
お申込みは6月11日まで受け付けられました。ポートフォリオやCVは不要で、必須事項はオンライン申込書と参加費用のみです。団体、AAアテネとAAイスタンブール 両方の出張スクールに申し込まれる方には割引きがあります。




Contact details:
Alexandros Kallegias (AA Athens Visiting School Programme Director):
Alexandros.Kallegias@aaschool.ac.uk

 

2017年6月5日月曜日

バミューダでのアメリカズカップ予選シリーズ


アメリカズカップへのチャレンジが始まりましたが、そこでRhinoを見つけました!

プロモーションビデオにRhinoと Rhino for Mac が出てきます。

オラクルチームUSAを、ぜひご覧ください:


原文投稿者: Sandy Mcneel