2017年4月28日金曜日

Rhino WIP のPython向上





Pythonの機能向上を最新のRhino WIP に取り入れました。これには以下が含まれます:
  • Pythonエディタにはナビゲーションをしやすくする、メソッドのセットにまとめられた新しいモジュールツリーがあります。
  • APIドキュメントにより多くの詳細が含まれています。
  • Pythonエディタの出力ウィンドウはコンテクストヘルプが向上しています。
  • デバッグウィンドウは高DPIスクリーン対応にフォーマットされています。
  • GHPythonコンポーネントのパフォーマンスが向上し、Rhino 5 コンポーネントより最高10倍速くなっています。
  • CreatePoint()、CreateVector()、CreatePlane()、CreateColor()、CreateInterval()を含む、Rhino共通のタイプを作成する新しい機能。
  • Rhino.PythonGHPythonについての、新しくアップデートされたガイド。
Rhino WIP をダウンロードして最新版の機能向上をお試しください

2017年4月26日水曜日

造船のようなグリーティングカードはいかがでしょう?


2つの造船のステップ、ちょっとしたひらめきと創造性、Rhino、レーザープリンターで、Lovepopカードが出来上がります! この複雑な飛び出す3Dグリーティングカードには、興味深い経歴があります。

親友で創始者の Wombi Rose と John Wise は、共に Webb Institute で学びました。卒業後は別々の道へ進みましたが、ハーバード・ビジネス・スクールで再会し、ベトナムへの卒業旅行で折り紙の多様性を発見しました。何枚かの紙を測って特定のサイズにカットし、3D彫刻に組み立てました。

自分達の持つ2つの造船スキルをヒントにミニチュアに取り入れ、Lovepopを作り上げました。

Lovepopカードは2Dの絵の表紙でフラットに折りたたむことができ、内側にはカードから飛び出す3Dの彫刻が入っています。

カードのデザインはRhinoに入力、プロトタイプが作成され、レーザーカットされた彫刻が手で組み立てられています。

アメリカABCで放送されている Shark Tank(シャークタンク)にRoseとWiseが登場してから、Lovepopビジネスは一気に広まりました。こちらで Shark Tank の追跡エピソードをご覧いただけます。

Polished Magazine で詳細を読む...








2017年4月25日火曜日

Lab For Architectural Singularity のGrasshopper上級コース





Lab For Architectural Singularity が Advanced Grasshopper Course を行いました。

既にGrasshopperの経験はあってもアイデアを形にするのはあまり楽ではない、というプロの方を対象にしたワークショップです。特定のデータ操作のコンポーネントの利用に焦点を合わせた複雑な論理的構成を、有名な建築・デザインプロジェクトを再現した事例や課題から取り組みます。
受講条件: Grasshopperの基本コース(または15時間相当)

場所:
Lab For Architectural Singularity
Praça Doutor João Mendes, 42 Set 115 center
São Paulo, SP 01501907 Brazil(ブラジル、サンパウロ)
日程: 2017年5月2-8日
時間: 6 pm-8 pm
参加費用: $700


お問い合わせ: Renata Portelanda.

RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。
原文投稿者: Andres Gonzalez

AA出張スクールUK - Band-Saw Manoeuvres、7月28日-8月6日、Hooke Park Campus、ドーセット(英国)


Band-Saw Manoeuvres
(ロボティックファブリケーションのワークショップシリーズ)
2017年7月28日-8月6日
AA Hooke Park Campus、ドーセット(英国)


AA(Architectural Association)が2回目となるロボティックファブリケーションのワークショップ、Band-Saw Manoeuvres を Hooke Park キャンパスで行います。毎年開催するワークショップシリーズ、Robotic Fabrications は、建築要素向けのロボットによる製造を探ります。ファブリケーションの手法や技術を掘り下げて探る機会を提供することが最大の願いです。

"木造に関するエキスパートの知識と最先端のロボティックファブリケーション技術を融合させながら、Hooke Park Campus の仮設鋳造所の屋根構造につながるデジタルツールを使った複雑で大規模な木造の構造物をプロトタイピングする、クリエイティブな可能性を探ります。"

コース中はデザインの開発にRhinocerosが使われ、さらにKUKA/prc、Grasshopperプラットフォームで内部開発されたプラグインもロボティックファブリケーションに使用されます。

お申込みの締切は2017年7月20日です


プログラム主任:
Emmanuel Vercruysse
講師:
Pradeep Devadass
Zachary Mollica
原文投稿者: Elena Caneva

2017年4月24日月曜日

Mesh2Surface 4.3: 新しいリリース


 
Mesh2Surface 4.3 has been released. This latest version of Mesh2Surface reverse engineering plug-in for Rhino, together with small bug fixes and improvements, adds the CurveNetwork Surface feature to the available toolset, which opens new possibilities for 3D reverse engineering from scans.
 
詳細はウェブサイトをご覧ください: www.mesh2surface.com ...
 
原文投稿者: Elena Caneva

Blog posts to translateRhino UK ユーザーミーティング2017 - 6月14日、ロンドン(英国)


Rhino UK User Meeting 2017
2017年6月14日(09:00 - 17:00)
The Crypt on the Green
Clerkenwell
London
EC1R 0EA

英国、ロンドン

Simply Rhino UK がまたロンドンで Rhino UK ユーザーミーティングを行います。

6月14日(水)開催で、場所は The Crypt on the Green(ロンドン)です。

新しい講師とプレゼンテーションは後日発表予定です。