2017年4月21日金曜日

CHAM求人情報: CADおよびソフトウェア開発エンジニア


CHAMのウィンブルドンオフィスでCADとソフトウェア開発のエンジニアを募集しました。詳細は英文をご覧ください。

Job Title: CAD and Software Development Engineer
Job Level: Junior Level (1-2 years commercial experience)

CHAM is seeking a CAD and Software Development Engineer for its Wimbledon office. The successful candidate needs commercial experience with C#, .NET framework, and C++ and will initially focus on further development of CHAM’s latest product, RhinoCFD, a plug-in integrating CFD capabilities into Rhino.

Interested candidates please contact hr@cham.co.uk for more information.
原文投稿者: Elena Caneva

パラメトリックデザイン修士、Controlmad - 2017年9月-12月、マドリード(スペイン)

Master Parametric Design
2017年9月11日 - 12月5日
Controlmad Advanced Design Center
Avda. del Manzanares, 166-168
28019 - マドリード(スペイン)n)


2017年9月から12月、Controlmad Advanced Design CenterARTC/RhinoFabStudio)が7回目となる修士コース、Master in Parametric Design を行います。

このプログラムはプロダクトデザイン、建築、景観、デジタルファブリケーションにおけるパラメトリックデザインとデジタル製造について、主なツールとしてGrasshopper for Rhino と Controlmad CNC加工機を使いながら、物理的/デジタルのパラメトリックモデル作成を通して紹介します。

このコースは複数のユニットで5つのグループに分けられ、どのユニットもGrasshopperに基づく新しいパラメトリックツールを学べることが目標です。
  • Group I  -  NURBSモデリング(RhinoGrasshopper
  • Group II  -  デジタルファブリケーション(卓越したパラメトリックビルを訪問)
  • Group III  -  メッシュモデリング(オーガニックデザイン、構造解析、熱量計算、形状探索にGrasshopper)
  • Group IV  -  相互運用(GrasshopperおよびArduino、センサー、インターネットからのデータ、Pythonとの接続)
  • Group V  -  GROUP V - 論文(ここまでのユニット + V-Rayでのレンダリングをベースに学生の主な関心について各自で取り組む)
このコースには Rhinoceros Windows 5.0 教育版ライセンス(フル)が含まれます。

早期申込みは2017年4月30日まで
最終締切: 2017年8月10日


原文投稿者: Elena Caneva

デザインとパラメトリックファブリケーションのサマーワークショップ - 7月3-28日、マドリード(スペイン)



Design & Parametric Fabrication Summer Workshop
2017年7月3-28日(月-木)9am-1pm および 2-4pm*
(*最後の6日間を除く)
Controlmad Advanced Design Center
Avda. del Manzanares, 166-168
28019 - マドリード(スペイン)


Controlmad Advanced Design CenterARTC/RhinoFabStudio)が7月3日から28日のワークショップ、Design and Parametric Fabrication Summer Workshop を行います。

このコースは5ユニット、4週間のスケジュールです:

Unit 1: 3D Modeling with Rhinoceros / 24時間
Unit 2: Parametric Design with Grasshopper I / 24時間
Unit 3: Parametric Design with Grasshopper II / 24時間
Unit 4: Digital Fabrication / 29時間
Unit 5: Introduction to V-Ray for Rhino / 8時間


早期受付は5月20日まで
最終締切: 6月12日
 
原文投稿者: Elena Caneva

Generative Morphologies V4.0 ワークショップ、チェンナイ(インド)


Generative Morphologies V4.0 workshop
2017年7月23-30日 - 10:00 - 18:00
Aarupadai Veedu Institute of Technology (AVIT)
チェンナイ(インド)

Generative Morphologies V4.0 は、都市規模の高度な現代のアルゴリズム生成システムの探索に関心のある建築家、建築やアーバニズムを学ぶ学生、プロのデザイナー、アーティストが対象で、デザイン、製作、プレゼンテーションの新しい技術学ぶプラットフォーム確立を目指します。

このワークショップはMcNeelのRhinocerosGrasshopper 3D プラグイン、Pixologic ZBrush、Luxion KeyShot を使います。

内容
  • マクロ形態にインスピレーションを得たデザインとアダプティブな建築システムの理解
  • Rhino、Grasshopper、ZBrushの紹介
  • Anemone、CocoonOctopus(Grasshopperプラグイン)でのジェネレーティブデザイン入門
  • ZBrushでのメッシュ操作、テクスチャリング、最適化入門
  • Weaverbirdを使った滑らかさとCocoon を使った点からGrasshopperでのメッシュモデリング入門
  • 3D印刷に向けた戦略
  • Luxion KeyShot を使ったビジュアライゼーション
  • プロジェクトのプレゼンに関するディスカッション

講師
Vamsi Krishna Vemuri / インド
Shridhar Mamidaala / インド

早期申込みは2017年5月23日まで
最終締切は2017年6月23日です




原文投稿者: Elena Caneva

2017年4月20日木曜日

AA_Aarhus 出張スクール2017 - 8月2-11日、オーフス(デンマーク)



AA_Aarhus Visiting School
2017年8月2-11日
Aarhus School of Architecture
Nørreport 20
8000 Aarhus
デンマーク、オーフス


デンマークで3回目となるオーフス出張スクールは、ロボティクスとCNCツールを建築におけるデザインとファブリケーションプロセスの一部として統合する、今までの議題を拡張します。

ワークショップは: Mesh MorphologiesRobotic Crafting の2つの研究課題に分けられます。

Mesh Morphologies: デジタルファブリケーションのパイプラインが物理的モデル-デジタルモデル間のコンスタントなフィードバックを可能にする、環境やマテリアルのインプットについて、ローカル/グローバル両方のベースでジオメトリを制御/操作する方法の教授に集中します。このユニットはGrasshopper知識の全レベルが対象ですが、初心者の方はこちらをお選びください。

Robotic Crafting: 従来の建設技術と構造的システムに、デジタルデザイン/ファブリケーションのパラダイムを再解釈しながら取り組みます。中級から上級レベルのGrasshopperが必要です。

講師
David Reeves、Tommaso Casucci、Ryan Hughes、Petras Vestas

ディレクター
Jens Pedersen、 Ali Farzaneh

社会人、学生どちらも対象のユニットです。
お申込み締切
2017年7月20日

原文投稿者: Elena Caneva

2017年4月19日水曜日

コンペ、3D Hubs Student Grant 2017


3D Hubs が学生対象のコンペ、3D Hubs Student Grant 2017 への応募を世界中から受け付け、3D印刷の限界を押し上げるSTEAM科目のクリエイティブな才能、問題解決が得意、発明家の発掘を目指します。

エンジニアリング、プロダクトデザイン、建築の3分野で、特定の学術分野で一番3D印刷の活用を披露できる学生を表彰します。受賞者3名に授与されるもの:
  • 現金500ドル
  • Brian Garret(3D Hubs コーディネーター)LinkedInでの受賞コメント
  • プロによるプロジェクトのポートフォリオ用写真撮影
Brian Garret は学生とSTEAM教育の重要性を説明しています: “学生達は招待のエンジニア、デザイナーです。この賞と25%割引きを提供する既存の学生プログラムで早期にデジタル製造の基礎をしっかり固め、将来のキャリアに優位な競争力を与えることを目指しています。”

メディカルトレーニングの新しい未来を作るアイントホーフェン(オランダ)の Mark Thielen、デルフト(オランダ)のFormula学生向けドライビング改革 Jonas Holtermann、目の見えない子供達の新しい読書方法を作るコロラド大学ボールダー校のチームは、学生達の手がけた3D印刷の素晴らしい例です。

3D Hubs のInstagramで学生プロジェクトの様々なインスピレーションをフォローすることができます。4月、5月、6月を通して、優秀な応募作品が紹介されています。

Rhinoユーザーの参加も歓迎です。

応募の締切は6月30日で、受賞者は7月15日に発表されます。

原文投稿者: Elena Caneva

2017年4月18日火曜日

ニューヨークでのRhinoワークショップ、4月19日





2017年4月19日
4:00pm-7:00pm EDT/米国東部夏時間
US$150.00

建築業界に直接関係する複数のアプリケーションを取り上げ、その活用法、Rhino、Sketch Up、Revitの異なる3Dソフトを最大限に活かす方法を紹介するRhinoワークショップが行われました。


Part 1: Rhinoを使った隙間のないモデルの作成
·      水密性のあるモデリングテクニックへの入門コンセプト
·      RhinoでのSTLエラーチェックと修正
·      質の高い3D印刷作品の条件

Part 2: 建築用3D印刷の最適化
·      スケーリングとエクスポートのテクニック
·      最小厚さ
·      印刷時間とコストを削減するモデルの最適化

Part 3: テクスチャリングとフルカラーの3D印刷作品
·      UVマッピングのテクニックと種類
·      レンダリングマテリアル
·      テクスチャのあるジオメトリの展開
·      フルカラー3D印刷のワークフロー

Part 4: 3D印刷に向けた高度なワークフロー
·      Revit、Rhino、Fusion 360、Sketch Up 同士のモデルの整合性

場所:
BluEdge
44 West 18th Street
3rd Floor Conference Room
New York, NY 10011(ニューヨーク)





原文投稿者: Jody Mills

ExpressMarine 1.1 パラメトリックのマリンプラグイン公開と無料ウェビナー


Express Marine AS がパラメトリックで船舶/マリン構造設計のRhino用プラグイン、ExpressMarine 1.1 を発表しました。ExpressMarineは船舶/マリン構造のパラメトリック3Dモデルを素早く作り上げることができるプラグインです。
2D図と3Dモデルを1つの共通環境に統合することで実現した、モデリング時間の劇的な削減が主な利点です。

重量や重心はデザイン提供段階のずっと早い時期に結果を得られるようになり、モデルのトポロジーがその後のデザインのあらゆる段階で簡単なアップデートを可能にしてくれます。

詳細なエンジニアリング、クラス図、重量分布/トラッキング、FEM解析等、後で他の海洋(マリン)デザインソフトで使われる構造モデルの理想的なプリプロセッサです。
2017年5月3日(水・3:00 pm - 4:00 pm CEST/中央ヨーロッパ夏時間)にはExpressMarineを紹介する無料ウェビナーが行われました。
原文投稿者: Elena Caneva

パラメトリックデザインについての2つのGrasshopperワークショップ - FabLab Berlin – 2017年5月、ベルリン



建築家の Wassef Dabboussi がパラメトリックデザインについて、FabLab Berlin で行う2つのGrasshopperワークショップを来月開催します。

4月30日からの日曜日はGrasshopper全般についてのワークショップ、Grasshopper General Workshop(初級 - Option 1)が行われます。

"デザインスキルをレベルアップさせるパラメトリックの能力を身につけたい、
アイデアやコンセプトを全く新しい領域へ広げるパワフルなツールを学びたい、という方に向けたワークショップです。

この Parametric Design General Workshop はRhinocerosのビジュアルプログラミング無償プラグイン、Grasshopperを使うために必要な知識や技量を提供し、ハンズオンのパラメトリックプロジェクトも含まれたワークショップです"。

5月14日から2回の土曜日は、Grasshopper集中ワークショップ(中級 - Option 2)が行われます。

"既にGrasshopperの知識があり、パラメトリックの知識を深めたい方、Grasshopperの高度な機能(ツリー、データ構造など)に分からない部分があり、パラメトリックスキルを伸ばしてGrasshopperの高度なテクニックを学びたい方に向いています。

この集中ワークショップ、Parametric Design Intensive Workshop はハンズオンのパラメトリックプロジェクトを含め、パラメトリックスキルを向上させるのに必要な知識や能力を伸ばせる内容です"。

Diseño Paramétrico、Ana Monreal のプレゼンテーション – 4月24日、ESADA、グラナダ(スペイン)


Diseño Paramétrico、Ana Monreal(ROJOmandarina Studio)
4月24日(月)12:00 - 14:00
ESADA - Escuela Superior de Arte y Diseño de Andalucía
C/ Santa Paula, 33
18001, Granada(スペイン、グラナダ)


Escuela Superior de Arte y Diseño de Andalucía が開催したイベント、Semana Creartiva の期間中、インダストリアルデザイナーで ROJOmandarinaデザインスタジオの共同創始者、Ana Monreal がパラメトリックデザインのプレゼンテーションを行いました。

Anaはパラメトリックデザインについて、その利点、プロダクトデザイン、ファッション、建築への応用方法、使われるツール(Rhino + Grasshopper)について説明しました。

Twitterをフォロー: @AnaMonrealC@rojomandarina@esadagrx

 



原文投稿者: Elena Caneva

2017年4月17日月曜日

Construct3D – デューク大学




Construct3D 2017 はデューク大学を会場に、幅広い教育内容の教育者を一堂に集め、アイデアの交換やイノベーションを目指します。 RhinoFabStudio ディレクターであり、Rhino & Grasshopper のトレーナーである Andres Gonzalez ワークショップと講演に招いてくださったことを光栄に思います。

この機会をどうぞお見逃しなく!

ワークショップ
Rhino Data Driven: 3D形状をパラメトリックに作成する論理と原則を、多くの実例を交えながら紹介するワークショップです。.
 
場所: Duke's Technology Engagement Center (TEC)
日: 2017年5月5日
時間: 1:00 PM-4:00 PM
カンファレンスのお申込み: https://sites.duke.edu/construct3d/
ご登録後のサインアップ: https://construct3d2017.sched.com/


講演

Data, Design, Code, Rhino:  Rhinoのモデリングツールにしっかり統合されるグラフィカルアルゴリズムエディタ、Grasshopperのようなジェネレーティブアルゴリズムを使って新しい形状を探索されているデザイナー向けの講演です。 

場所: JB Duke Hotel Ballroom A,B,C

日: 2017年5月6日
時間: 10:00 AM-10:30 AM
カンファレンスのお申込み: https://sites.duke.edu/construct3d/
ご登録後のサインアップ: https://construct3d2017.sched.com/


ワークショップと講演はお早めにお申込みください。お席は限られています!


詳細のお問い合わせ: Lizabeth ArumChip Bobbert


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。