2017年4月7日金曜日

FUTURECRAFT 4D: CREATE – adidas(アディダス)



原文投稿者: Bob McNeel

2017年4月6日木曜日

IaaC NY Global Summer School 2017 (NY GSS17) – 7月3-16日、ニューヨーク


IaaC NY Global Summer School 2017 (NY GSS17) - Space dynamics
2017年7月3-16日
New Lab
Building 128
Brooklyn Navy Yard
Brooklyn, NY 11205(ニューヨーク、ブルックリン)


IaaC Global Summer School(GSS)のプラットフォームは、計画された環境に新しく生まれたテクニックの関連事項を野心的/マルチスカラーに調査することで定義されます。国際的なチームが毎年、世界中の主要都市で地域の状況に深く組み込まれたプロジェクトを含む共通の議題を探ります。

お申込みは2017年5月30日まで受け付けられています。
お申込みはオンライン申込書を提出し、Letter of Intent とCVをアップロードする必要がありますが、ポートフォリオは不要です。

 

原文投稿者: Elena Caneva

パリでのRhinoユーザーミーティング


Rhino User Meeting Paris
2017年6月20日
ENSAPLV
144 Avenue de Flandre
75019 Paris(フランス、パリ)


McNeel ヨーロッパ がパリでのRhinoユーザーミーティングを企画し、フランス語でのプレゼンテーションを募集しました。このイベントは6月20日ENSAPLV(Ecole Nationale Supérieure d'Architecture de Paris La Villette)で行われます。

プレゼンテーションはRhinoと関連プラグインの利用について、それぞれのプロジェクトでの知識や経験を共有するもので、Delia Robalo が担当者として応募を受け付けました。

原文投稿者: Elena Caneva

ジュエリーデザインのための Rhino 5 入門




PJ Chen がジュエリーのプロやクリエイティブ分野向けで人気の高い3日間のIntro to Rhino for Jewelry Design ワークショップを行います。どうぞご参加ください。CADの基礎知識とRhinoを使った機能からスタートし、プロダクトデザイン、電化製品、美術工芸プロジェクト、トイデザイン、インテリアデザイン等にも応用可能な内容です。


コース目標: Rhino 5 インターフェイスの理解とカスタマイズ
  • 2D曲線と3Dソリッドのコマンド
  • サーフェスのコマンドとその適用
  • 正確なツールを使ったリングモデリング
  • 曲線やサーフェスの制御点編集
  • 3Dモデリングでの石留め
  • モデルの解析と3D印刷に向けたファイルのエクスポート
  • 2D図- 正投影図(製図)
  • Rhinoレンダーを使った基本的なレンダリング
場所: The Engineering Society of Detroit building 
20700 Civic Center Drive, Suite 450 
Southfield, MI 48076(米国ミシガン州)
日程: 2017年5月8-10日
参加費用: $695


詳細のお問い合わせは、メールで  PJ Chen まで。

RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

Intelligent Tectonics V2.0 ワークショップ – 7月8-15日、アテネ(ギリシャ)


Intelligent Tectonics V2.0 Workshop
2017年7月8-15日
DeCode fablab
Agiou Thoma 9 and Halkidonos 52 corner
Athens, 11527(ギリシャ、アテネ)


Intelligent Tectonics V2.0
は形状探索でのデザイン戦略の適用と、空間のロッドストリング構造全体に張った膜トポロジーのファブリケーション方法に焦点を合わせます。

コンピューターを使った高度な形状をデザインする物理シミュレーション、パネル化のテクニック、最適化ツールを学ぶ他、デジタルファブリケーションの手法を通したマテリアルの表現を実現します。カテナリー、極小曲面、テンセグリティー構造 で知られる建築家の作品を再訪し、アテネのDeCode fablabで天井に常設するインスタレーションを提案するために物理的/デジタル研究のモデルを作り上げます。

応用コンピューテーショナルデザイン戦略と、そのコンセプトから実現までのプロセスに関心のある建築家、デザイナー、アーティストを、スキルレベルを問わず対象にしているワークショップです。

Grasshopper
Rhinocerosかメインツールとして使われる他、デジタルシミュレーションの開発ツールとしてKangaroo、構造解析にKaramba3D、最適化にOctopusが使われます。

早期お申込みは2017年5月8日まで受け付けられています。
お申込みの最終締切は2017年6月8日です。

原文投稿者: Elena Caneva

2017年4月5日水曜日

新しいリリース: V-Ray 3 for Rhino


V-Ray 3.0 for Rhino! V-Rayが今まで以上に素早く、見た目も素晴らしいレンダリングをRhinoで作成できるようになりました。

機能:
  • VR(バーチャルリアリティ)- ポピュラーなVRヘッドセットで使えるVR対応コンテンツのレンダリング
  • 断面カット - V-Ray Clipper を使ってクイック断面模型と断面レンダリングを作成
  • 空気遠近法 - リアルな空気中の深度
  • Denoiser(デノイザー) - 自動的にノイズを除去し、レンダリング時間を最高50%削減
  • 草 & 毛皮 - V-Ray Fur を使ってリアルな草地、ファブリック、カーペットを作成
  • ツインエンジンのレンダリングアーキテクチャ - CPUまたはGPUアクセラレーションで、お使いのハードで最速の方法を選択可能
  • インタラクティブなレンダリング - デザインしながらレンダリング。ライティング、マテリアル、カメラの調整と同時に結果を確認
  • グローバルイルミネーション - V-Rayのパワフルで素早いグローバルイルミネーション(GI)でリアルな部屋やインテリアをレンダリング
  • 現場カメラ - 露出、ホワイトバランス、被写界深度のコントロールで写真家のような作業
  • レンダリング要素 - お使いの画像編集ソフトでよりアーティスティックなコントロールができるよう、複数のレイヤをレンダリング
  • レンダーノード - コスト効率の高いレンダーノードライセンスで V-Ray Swarm をさらにスピードアップ。レンダーノードは V-Ray 3 のアプリケーション全てに互換性があります。

4月19日に行われた無料ウェビナー


原文投稿者: Sandy Mcneel

建築家 Dimitry Demin の無料ウェビナー - 4月25日、チューリッヒ(スイス)


Algorithmische Einflüsse in Entwurf und Fertigung
2017年4月25日 - 18:00 to 20:00
Visualisierungs-Akademie Schweiz GmbH
Pfingstweidstrasse 31a
CH-8005 Zurich(スイス、チューリッヒ)


建築家の Dimitry Demin が、無料のイブニングレクチャーで建築デザインや製作におけるアルゴリズムデザインについて、複数の興味深い適用法を紹介しました。

Visualisierungs-Akademie が国際プロジェクトについて学び、Dimitry Demin に質問もできるこのイベントを開催しました。

 

原文投稿者: Elena Caneva

Bongo 2.0 サービスリリース6 のお知らせ


Bongo 2.0 サービスリリース6 が公開されています

このサービスリリースはこちらからダウンロードしていただけます。
変更点こちらでご覧ください。

よろしくお願いします。

   - Marika

ご注意ください: - SR5はCheckforUpdates機能が壊れていましたので、新しいサービスリリースをマニュアルでダウンロードしていただく必要があります。

Rhinoceros・Grasshopperを建築分野で活用するための独学用ラーニングサイト



Rhino-GH.com

3月31日に株式会社日建設計合同会社髙木秀太事務所による合同運営webサイト「Rhino-GH.com」が一般公開されました。このサイトは、Rhinoceros・Grasshopperを建築分野で活用するための独学用ラーニングサイトです。

Rhinoceros/GrasshopperのTrainingコースをLevel 1~4に分けてグルーピングし、全てのLevelを順番にトレーニングしていけば、建築設計の実務で活用できる基本的な機能がマスターできることを目標にした「Training コース」と、Rhino-GH.comがセレクトした建築設計特化のRhinocerosのツールやGrasshopperのコンポーネントを紹介した「Rhinocerosツール100」、「Grasshopperコンポーネント150」(動画を多数用意)の内容が用意されています。
どうぞ、ご覧になって、ご活用ください。
サイトはこちらへ...

2017年4月4日火曜日

ジュエリーデザインコンテスト受賞者




Diana A. López Caballero はジュエリーデザインやアートの経験があり、3Dモデリングとコンピューテーショナルデザインを主に利用しているプロダクトデザイナーです。彼女は多くのジュエリーデザインコースで認証を受け、Rhinoを使った高度な3Dデジタルモデリング、Grasshopperを使ったジェネレーティブ/データ駆動モデリング、またハンズオンのマニュアルファブリケーションを学んだ McNeel マイアミの Minor in Digital Fabrication を修了しました。

Dianaがメキシコにある Centro de Diseño de Joyería が主催したジュエリーデザインの国際コンテスト、 29 International Contest of Jewelry Design で優勝されたことをお祝いしたいと思います。このコンテストはファッションのトレンドに基づくジュエリーデザインを推奨し、新しい才能を後押しすることを目指しています。Dianaはデザインで彼女の持つスキルや知識、創造性を示しました。
      
詳細はメールでお問い合わせください: Diana A. López Caballero

RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

ディオールのTRIBALESイヤリングの作り方


ディオールのTRIBALES(トライバル)イヤリング製造を、作り方のクイックビデオでご覧いただけます。



原文投稿者: Sandy Mcneel

2017年4月3日月曜日

UPBのRhinoFabStudioで卒業式




このデジタルファブリケーションプログラムには Rhino 3D を使った3Dデジタルモデリング、Grasshopperを使ったジェネレーティブ/データ駆動モデリング、物理的コンピューテーション、インタラクション、またデジタルファブリケーションについての、入門・上級両方のコースが含まれています。

UPB’のRhinoFabStudioUPBのRhinoFabStudioでは学生達が3D印刷、コンピューター制御のCNC加工/ルーティング、レーザーカットのような独創的な最新テクノロジーを利用して3次元の作品を創り出すことができます。

詳細: Digital Fabrication Minor

今年Digital Fabrication Diplomaを授与された学生の成功を称え、4月に卒業式が行われました。

卒業: Minor in Digital Fabrication(UPBのRhinoFabStudioでの副専攻)
日: 2017年4月6日(木)
時間: 2pm
場所: Universidad Pontificia Bolivariana - UPB: Auditorio Ignacio Vieria

Bloque 10, 1er piso- Medellín(コロンビア、メデリン)


詳細はメールでお問い合わせください: Andres Franco



RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。



原文投稿者: Andres Gonzalez

VisualARQ 2.0 ベータのお知らせ


VisualARQ 2.0 ベータバージョンをダウンロードしていただけるようになりました

VisualARQ を所有されている方は、最終リリースに見込まれる新機能のほとんどが搭載されている新しいベータバージョンをダウンロードし、お試し頂くことができます。:
VisualARQ 2.0 新機能の概要はこちらでご覧いただけます。

ご注意!
VisualARQ 2.0 ライセンスの価格は最終リリース公開の時点で値上げされます。現在 VisualARQ 1 をお使いの方、2.0リリースの前に VisualARQ 1 を購入される方は、VisualARQ 2.0 へのアップグレードが無料です。

パラメトリックデザインについての2つのGrasshopperワークショップ - FabLab Berlin - 2017年5月、ベルリン(ドイツ)

 

建築家の Wassef Dabboussi がパラメトリックデザインについて、FabLab Berlin で行う2つのGrasshopperワークショップを来月開催します。

4月30日から4回の日曜日はGrasshopper全般についてのワークショップ、Grasshopper General Workshop(初級 - オプション1)が行われます。

"デザインスキルをレベルアップさせるパラメトリックの能力を身につけたい、アイデアやコンセプトを全く新しい領域へ広げるパワフルなツールを学びたい、という方に向けたワークショップです。

この Parametric Design General Workshop はRhinocerosのビジュアルプログラミング無償プラグイン、Grasshopperを使うために必要な知識や技量を提供し、ハンズオンのパラメトリックプロジェクトも含まれたワークショップです。"

5月14日に始まる2回の土曜日は、Grasshopper 集中ワークショップ(中級 - オプション2)が行われます。

"既にGrasshopperの知識があり、パラメトリックの知識を深めたい方、
Grasshopperの高度な機能(ツリー、データ構造など)に分からない部分があり、パラメトリックスキルを伸ばしてGrasshopperの高度なテクニックを学びたい方に向いています。

この集中ワークショップ、Parametric Design Intensive Workshop はハンズオンのパラメトリックプロジェクトを含め、パラメトリックスキルを向上させるのに必要な知識や能力を伸ばせる内容です"。


原文投稿者: Elena Caneva

FESSURA – A>T Studio の手がけた彫刻


ウォールシステムのFessuraは彫刻と家具を融合させ、住宅用/商業用インテリアのためにデザインされた、ユニークで装飾的なパネルに仕上げます。Fessuraはハイエンドの細かい装飾とマテリアルを使っい、立体的でダイナミック な効果を生み出します。滑らかな外観でありながら、それぞれのコンポーネントはモジュール式で簡単に組み立てられるよう戦略的にデザインされています。LGのHI-MACS(ハイマックス)の硬いサーフェスでできた9つのモジュールで構成され、既存の壁の上やドライウォールシートにつなげて設置することができます。フレキシビリティ、カスタマイズ、デジタル製造に向けた正確なデータ生成を約束する高度なアルゴリズム技術から生まれたデザインで、気品と技術がFessuraを他にはない作品、現代の空間の主役にに仕上げています。

FessuraA>Tスタジオが開発したプロジェクトで、RhinoとGrasshopperを使ってデザインされました。

Fessuraはミラノで行われたDAMA(Corso San Gottardo 19, Milano)で、Fuorisalone 2017 期間中の4月4日から9日までお披露目されました。


また4月7日(18:00 - 19:30)には Arturo TedeschiDAMA(Corso San Gottardo 19, Milano)で行われた事前登録制の無料イベント、"Industry 4.0 & Design Week: talking about the future" でFessuraを紹介しました。here.




原文投稿者: Elena Caneva

SaloneSatellite. 20 Years of New Creativity Exhibition – 4月4-25日、ミラノ(イタリア)


SaloneSatellite. 20 Years of New Creativity
2017年4月4-25日 - 10 am - 7 pm
La Fabbrica del Vapore
Via G.C. Procaccini 4
20154 Milano
(イタリア、ミラノ)

エキシビションのオープニング: 4月4日、8:30 pm - 11:00 pm


SaloneSatellite. 20 Years of New Creativity Exhibition が4月4-25日に行われ、これまでの20回に発表され、市場に進出し、広い流通網を持つ一流企業の他、特に注目を集めるメーカーのカタログに掲載された500の成功例を紹介しました。

Rhino/Grasshopperを使ってデザインされ、KUKAロボットで製作されて2014年のSatelliteで発表された、ALOSpace Intensifier® も紹介されました。

原文投稿者: Elena Caneva