2017年2月10日金曜日

レベル1 Rhino 5 for Mac




Level 1 Rhino 5 for Mac - オンラインコース
2017年2月17日-3月2日
参加費用: US$200.00

Rhino for Mac のレベル1コースが行われました。

スケジュール:
  • オリエンテーション: 2月17日(金)、9AM - 11AM
  • トレーニング: 2月21-23日(火-木)、9AM - 1PM および
  • トレーニング: 2月28日、3月1-2日(火-木) 1-2, 9AM - 1PM
    時間は全て太平洋標準時(PST)です

詳細: 受講に必要なもの:...
  • 最新のRhino 5 for Macがインストールされていること。メモ: Rhino for Windowsは対象外
  • 安定した高速インターネット接続
  • Rhino 5 Level 1 Training Guide、Models、および Rhino 5 for Mac User Guide。参考資料としてPDFを印刷していただいくことも可能です。ダウンロードはこちら

全てのライブセッションは録画され、プライベートのVimeo教室アルバムに投稿されます。ビデオはクラス終了後、復習用に最長3ヶ月まで視聴/ストリーミングしていただくことができます。



原文投稿者: Jody Mills

ThinkParametric、新しいオンラインコースを公開


ThinkParametricチームは熱心な取り組みを続けています。Galapagos、Grasshopper、Kangarooを含む新ラウンドのオンラインコースが公開されましたので、下のビデオをクリックしてどうぞ詳細とお申し込み情報をご覧ください。


Galapagos for Grasshopper を使った眺望の最適化





Grasshopper 102 - データリストとツリー構造



Kangaroo 101 - 物理エンジンと形状探索




原文投稿者: Jody Mills

モデリングコンテスト - Asian Digital Modeling Contest 2017の作品募集のおしらせ


本コンテストでは,3Dプリンターで造形可能なオリジナルの3次元形状モデルを募集します。優秀なデザインは最終審査会場で展示されます。

このコンテストは、日本図学会などが主催するAsian Forum on Graphic Science(アジア図学会議 AFGS2017)と併設して実施されます。このコンテストは,今までの約10年に渡る日本図学会デジタルモデリングコンテストの経験をもとに,さらに広く海外の方の作品も募集して,この分野の普及を図ることを目的にしています.

応募締め切り期限は,2月末です.

過去開催した国内コンテストの受賞作品は,こちらをご覧ください。

詳細はこちらへ...
日本語の詳細はこちらへ...



2017年2月9日木曜日

AEC Technology Symposium 2016 のビデオ


ニューヨークで行われたThornton Tomesetti の AEC Technology Symposium 2016 を見逃された方、プレゼンテーションを見直したい方はいらっしゃいますか?

CORE studio が Mostapha RoudsariKohn Pedersen Fox 等のプレゼンテーションビデオを投稿しています。



原文投稿者: Sandy Mcneel

2017年2月8日水曜日

TechPerspectives、5月23日、ニューヨーク




2017年5月23日(火)
米国ニューヨーク州ニューヨーク

認定Rhinoリセラー/トレーニングセンターの Microsol Resources がニューヨークで TechPerspectives セミナーを行います。どうぞご参加ください。新しい技術革新や建築、エンジニアリング、建設業界への融合について、より深く学べる機会です。

スケジュール、詳細、お申込み情報はこちらでご覧いただけます。どうぞお早めにお申込みください。


RhinoでのPythonのパワーを発見



The Power of Python Scripting


タスクの自動化、独自のルーチン作成など、Pythonプログラミング言語の入門に役立つ、多くの新しいガイドを追加しました。

PythonはクロスプラットフォームでWindowsでもMacでも動作し、使いやすく、習得しやすい上、パワフルなモダンプログラミング言語です。Grasshopperで使うこともできます。

新しい Python Developer Guides サイトで、Pythonスクリプトがどれほど簡単に書けるのかご覧いただくことができます。どうぞご利用ください。

原文投稿者: Scott Davidson

2017年2月7日火曜日

Simply Rhino UK の Rhino for Windows ビデオチュートリアル - "Rhinoを使って 2D CAD から 3Dへ" シリーズ最後のビデオが公開されました



Simply Rhino UK がRhinoチュートリアル3部作、"2D to 3D with Rhino" 3本目の最終ビデオを公開し、2Dデザインの意図からRhinoで製品並みクオリティのサーフェスやソリッドを作成する方法を紹介しています。

シリーズ最後となる今回のビデオでは、Simply Rhino シニアインストラクターの Phil Cook がモデルを隙間のないソリッドにアセンブルする方法を紹介し、V-Ray Express を使った素早いレンダリングに目を向けます。




原文投稿者: Elena Caneva

Algorithmic Accessories V3.0 ワークショップ – 4月8-11日、テッサロニキ(ギリシャ)


2017年4月8-11日
10:00 - 18:00
CREATE N PASTE - Episkopou Kitrous Nikolaou 4
546 35 Thessaloniki(ギリシャ、テッサロニキ)

Algorithmic Accessories V3.0 ワークショップは、アルゴリズムの手法とジュエリーのデジタルファブリケーションを組み合わせます。

このワークショップはサンゴの成長と双曲構造にヒントを得た、大きなチョーカーネックレスのデザインが中心になります。

形を作り上げるアルゴリズムにつながる様々な側面を徹底的に調べながらその構造について詳述するとともに、構造に見られる模様の働きを考察してFDM印刷(熱溶解積層)法がファブリケーションでどのような解釈になるのか観察します。

内容
  • アルゴリズムの幾何学とGrasshopper入門
  • 身につけられるアクセサリー製作の基本
  • パラメトリックモデリングを通した複雑なジオメトリの作成およびカスタマイズ
  • ファブリケーションツール
  • KeyShotのレンダリング
講師
Eva Tucek / オーストリア
Andrei Padure / ルーマニア

必要なソフト
参加される方は以下のソフトをインストールしたご自身のパソコンをご用意ください:
お申込みは2017年3月8日まで受け付けられます。





原文投稿者: Elena Caneva

ShapeDiver、モデルのテクスチャリングをサポート






ShapeDiver プラグインの最新バージョンにはモデルのテクスチャ作成に役立つ全てのユーティリティが含まれています。こちらでいくつかの例をご覧頂けます。

ShapeDiver はSVG(Scalable Vector Graphics)をサポートします。ビットマップ画像と違ってベクターベースの画像は拡大/縮小が可能で画質を損ねることがなく、特にパラメトリックモデリングには非常に適しています。

こちらのGrasshopperモデルのマグカップをダウンロードして、可能性の新しい世界を試してみましょう。

コメントや問題の報告は、どうぞ フォーラムでお知らせください。


地元産の素材でカスタマイズの木製家具をデザイン/製作しているフランスの新興企業、Estisは先日、ShapeDiverを統合して作り上げた3D製品コンフィギュレーターを立ち上げました。

最初に作った Portee はレコードコレクションのためにデザインされたフレキシブルな収納システムです。3D製品コンフィギュレーターは、購入者が必要に応じて棚を選べるようにしてくれます。

ShapeDiverはパラメトリック3Dデータを公開するためのウェブサービスです。オーストリア、ウィーンに拠点を置く有限責任会社、ShapeDiver GmbH が運営し、Alexander SchiftnerMathias HöbingerMathieu Huard が2015年に設立しました。


原文投稿者: Elena Caneva

2017年2月6日月曜日

デザインを仮想空間でストレステスト


Scan&Solve のテクノロジーを備えたオンライン構造シミュレーションサービス、Intact.design のご案内です。

作成の前に、デザインが壊れない物になるかどうかが分かります。

この無料サービスの機能:
  • ブラウザでシミュレーション: Scan&Solve のメッシュフリーテクノロジーをブラウザで。ただモデルをアップロードし、ケースをピックし、実行するだけで利用できます。
  • 自動化されたシミュレーションの検討: 複数のビルトインケースが含まれ、シミュレーションのセットアップがシンプルです。
  • 結果は素早く: シミュレーションの実行には数分程度しかかかりません。
アメリカ国立科学財団がこのサービスへの財政支援を提供し、他の Scan&Solve ソリューションから期待される通りの使いやすさが無料で提供されています。

Intact Solutions はニーズに合わせたサービス向上ができるよう、皆さんのフィードバックをお待ちしています。

無料ウェビナー: Rhinoで高度な曲線モデリングを行うためのヒントとコツ - 中級


無料ウェビナー: 
Rhino 5 中級 - Tips and Tricks for Advanced Curve Modeling in Rhino
McNeel ヨーロッパ
2017年2月
11:00 am - 12:00 pm(中央ヨーロッパ標準時)

良いモデルはいつもより良い曲線で始まります!
Rhinoモデルの曲線に苦戦している方にぴったりのウェビナーが2月に行われました。

このセッションでは曲線がどのような働きをするのか、まず基本的なルールをカバーしました(次数と制御点)。見た目は十分か?曲線の隠れた秘密を全て理解するには曲率グラフが役に立ちます。

探し求める形状を表現するには1本の曲線だけではまず不十分ですから、違う形でつながりながら連続性を制御する内容もカバーし、またキンク、ノット、制御点、編集点、制御点のウェイト、周期曲線など、馴染みのない方も対象に説明されました。

Rhinoについてしっかりした中級程度の知識をお持ちの方にお勧めの内容で、マイクやカメラは不要でした。特定のプラットフォームを対象にしたセミナーではなく、Windows、Macどちらをお使いの方でもご参加いただくことができました。

McNeel ヨーロッパテクニカルチームのエキスパートが複数の言語で指導しました。

スペイン語: 2017年2月20日
講師: Rodrigo Bárcena

英語: 2017年2月21日
講師: Rodrigo Bárcena

イタリア語: 2017年2月22日
講師: Giuseppe Massoni

ドイツ語: 2017年2月23日
講師: Verena Vogler 

フランス語: 2017年2月24日
講師: Vanessa Steeg


注意事項:
  • 定員あり
  • 参加費無料
  • プレゼンテーション約40分、Q&A15分
  • お申込み後、ウェビナー参加方法のお知らせを含めた確認メールを送信


原文投稿者: Elena Caneva