2017年9月27日水曜日

VR for Rhino ユーザーグループ ミーティング、ロンドン - 2017年10月10日


SimplyRhino UK がRhino向けバーチャルリアリティ(VR)のソリューションについて探り、話し合い、ネットワークで交流するグループを企画しました。

どのミーティングもVR経験のあるユーザーの方にプレゼンテーションをお願いし、続いてグループディスカッションと形式張らないご挨拶の機会が設けられました。

VRをテーマにした初めてのユーザーミーティング、VR for Rhino User Group Meeting は2017年10月10日(火)にロンドンで行われました。


今回のミーティングは Grimshaw Architects のプレゼンテーションで始まりました:
"Grimshawは完全なダイナミック環境として早くからの Oculus Rift 導入、よりスタティックな体験のため後に取り入れた Samsung Gear ヘッドセットを含め、長期に渡って建築の設定にVRを使っています。

ここ何年もの間にVRの使用をプレゼンテーションの範囲を超えて見ることが増え、この技術をデザインプロセスに統合するようになってきました。今までのところProspectを通してデザインを見直すためにVRをよく使い、Mindeskのようなアプリケーションを通したモデリングプラットフォームへ進みたいと考えていますが、そのうちVRを最大限に活用するため独自のツールを開発するでしょう。"


プレゼンテーション向けの初期の探索からより確立された見直し中心のワークフローまで、VRとRhinoを使った経験と進歩を紹介するプレゼンテーションになりました。

原文投稿者: Carlos Pérez

0 件のコメント: