2017年6月8日木曜日

Rhino UK ユーザーミーティング2017 - 6月14日、ロンドン(英国)のスケジュール


Rhino UK User Meeting 2017
2017年6月14日(水)09:00 - 17:00
The Crypt on the Green
Clerkenwell
London
EC1R 0EA
英国ロンドン

Simply Rhino UK が企画した Rhino UK ユーザーミーティングは以下のスケジュールで行われました。

スケジュール概要

09:00 – 受付 & コーヒータイム
09:30 – Simply Rhino の Paul Cowell より歓迎のご挨拶
09:40Carlos Perez - McNeel ヨーロッパ
10:10Emma-Kate Matthews – Weber Industries & EKM Works 
‘Generation to Fabrication’
10:25Francesc Salla – Asuni 
‘VisualARQ 2.0’
10:35Carsten Astheimer – Astheimer Design
‘Astheimer - ベントレー、ジャガーランドローバー、エアストリーム等のための、世界に通用する乗物デザイン’

11:10休憩 

11:40Bedir Bekar & Ian Shepherd – Elliott Wood
‘Battersea Pump House Pavilion の製作’
12:00Bart Radecki – Digits2Widgets
‘DesktopでRhinoから3D Print(さらにその先)へ’
12:25 ? Moritz Waldemeyer – Studio Moritz Waldemeyer
‘パラメトリックデザインに光を当てる’

13:00昼食

14:05
Arthur Mamou-Mani – Mamou-Mani & Anthony Buckley-Thorp – Flux
‘ものづくりのDNA’
14:35Andrew Carmichael – Cham
‘RhinoCFD’
14:50Yavor Stoikov– Chaos Group
‘Parametric, Meet Realism: V-Ray 3 for Rhino を使ったパラメトリックデザインのためのリアルタイムレンダリング’

15:30休憩

16:00Daniel Piker – Kangaroo3d
16:15Oliver Salway – Softroom
‘Softroom “A Range of Work” – 大英博物館、ユーロスター、ヴァージン・アトランティックを含むメジャークライアント
16:45Harry Ibbs – ザハ・ハディド・アーキテクツ
‘Rhino Vray Hypothesis ワークフロー。もし・・・だったら?’
17:20 – 感謝と終了のご挨拶
17:30 – 終了後のイベント/ドリンク

(時間は目安です)




原文投稿者: Elena Caneva

0 件のコメント: