2017年5月22日月曜日

Darlene Farris-LaBar - G3D 3D印刷ラボ





Darlene Farris-LaBarEast Stroudsburg University の Art + Design Department にある G3D 3D Printing Lab を共同で設立したアーティスト/デザイナーです。


DarleneSUNY、ニューヨーク州立大学パーチェス校(School of Art and Design)からMFA、ペンシルバニア州立インディアナ大学からBFA、ニューヨークの College of Technology からMS(Digital Media Arts)を授与された、East Stroudsburg University(Art + Design)教授です。


環境についての受講者の経験をシフトさせ、その評価方法を変えようと、彼女は3DモデリングソフトのRhinoなど様々なテクノロジーを利用し、特定の地域固有の小さな草花を表現するために3D印刷しています。sculpturesは自然の状態そのままのように見える形にデザインされています。


彼女が2013年に共同で設立した G3D 3D Printing Lab は、今ではFDMプリンター、PolyJet、レーザーカット、CNC、3Dスキャナー等を備えた、フル装備のラボとして運営されています。


詳細はメールでお問い合わせください: Darlene Farris-LaBar.



RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

0 件のコメント: