2017年4月10日月曜日

Shapes of Logic 2017(ワークショップとカンファレンス)- 5月22-28日、ヴロツワフ(ポーランド)


Shapes of Logic 2017
International Conference of Computational Design

Museum of Architecture
Bernardyńska 5

ヴロツワフ(ポーランド)

ワークショップ
2017年5月22-25日

カンファレンス
2017年5月26-28日

住居やそれを取り巻く都市、旅、買い物、外出、仕事、作り出すデザイン、決断方法、エンジニアリング、アート、あらゆるものがオートメーション可能です。

最近のテクノロジーの発展は、事実上人の活動する全ての分野に影響を及ぼすことを証明しました。私達は非常に大きな変化に直面しており、世界をより良い場所にする能力を手にしていながら、未来に難しい課題を突きつけられています。答えを見つけるためには建築、デザイナー、都市計画家、エンジニア、社会学者、哲学者、プログラマー等、幅広い多様な分野のエキスパートが必要です。

どうすれば未来に向けたデザインができるか?技術的進歩を拒絶することなく近代的なものの危険を回避できるか?私達の空間や環境の質を向上させるために進むべき方向は?

今年の Shapes of Logic Conference はグローバルな技術的進歩における建築、デザイン、都市計画を題材にしたディスカッションを促すことが目標で、主にロボティクスデジタルファブリケーションコンピューテーションの分野から幅広くオートメーションを理解します。

お申込みは2017年4月30日まで受け付けられました。



原文投稿者: Elena Caneva

0 件のコメント: