2017年3月29日水曜日

とろける釉薬!





Brian Giniewski はフィラデルフィアに拠点を置くセラミックデザイナーで、溶ける釉薬の流体特性を利用して表面がドラマチックでカラフルなポットを作っています。BrianはRhinoを含む幅広いアプリケーションを使ったトレーニングを含め、以前は大学レベルで 美術+デジタルファブリケーションを教えていました。プロトタイピングやデザイン、製品のファブリケーションツール、作品のディスプレイにも、彼はRhinoを実務に利用しています。


彼は2017年4月16日までKickstarterキャンペーンを行い、このプロジェクトでフィラデルフィアにある新しいスタジオスペースへの移転費用とビジネス拡大のための設備費を集めました。


詳細はメールで直接お問い合わせください: Brian Giniewski








RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio?(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

0 件のコメント: