2017年2月23日木曜日

Innochain First Year Colloquium + Design Probes Research Exhibition - 3月7-8日、ウィーン(オーストリア)


Innochain First Year Colloquium (March 7-8) + "Design Probes" Research Exhibition (March 7-20)
Angewandte Innovation Laboratory Vienna
Franz Josefs Kai 3
1010 Vienna(オーストリア、ウィーン)


3月7-8日、Innochain First Year Colloquium と "Design Probes" Research Exhibition がウィーンにある Angewandte Innovation Laboratory Vienna で行われました。

Innochain ネットワーク頂点のイベントで、Innochain参加者と産業パートナー全員が集う総会で全てのESRが研究や手法を発表・討論しました。

2日間のイベントで、特に産業パートナーのコラボレーションに焦点を当てた研究トピックや結果が発表され、国際的なパネリストが討論し、取り組みを評価しました。パネリストは参加者、産業パートナー、招待された科学者で構成されました:

  • Mark Burry教授(メルボルン大学)
  • Christoph Gengnagel教授(ベルリン芸術大学)
  • Achim Menges教授(シュトットガルト大学)

このイベントの夕方は一般向けに公開され、研究を広げて大局的なビジョンを示す基調講演が行われました。エキシビション、“Design Probes” は2017年3月20日まで2週間展示され、Innochain最初の18ヶ月間の取り組みが紹介されました。

3月7日(火)

  •  9:30: Colloquium Day 1 スタート
  •  20.00: 基調講演 1: Strategies for Combining Parametric Modeling and Structural Design – Clemens Preisinger、IoA / Bollinger Grohmann
  •  21.00: エキシビションのオープニング

3月8日(水)

  •  9:00: Colloquium Day 2
  •  20:00: 基調講演 2: Mark Burry、University of Melbourne



InnoChain ETN ネットワークは、デジタルデザインツールの進歩が持続可能で情報に基づく、さらにマテリアル面でも高性能なデザインソリューションを可能にしながらどう建築文化に挑戦しているかを検証する、共同の研究トレーニング環境です。物理的環境をどう考え、デザインし、構築するかについて実際に変化をもたらすことのできる、業界の目標意識を強く持った新しい世代の学際的な研究者の養成を目指すネットワークです。

0 件のコメント: