2017年1月17日火曜日

近日公開: Galapagos for Grasshopper を使った眺望の最適化


ThinkParametricが Foundation Training Courses に新しいオンラインチュートリアル、Views Optimization Using Galapagos for Grasshopper を追加しました。このコースは眺望に合わせて建物の形を最適化しながら、Galapagosを使ったGrasshopperで独自の最適化ツールを作ることに重点的に取り組みます。

Galapagos 101 コースの続きで、より実践的なケーススタディになっています。

Galapagosをマスターし、進化的ソルバーの能力を理解することで、デザインプロセスの初期からより高性能で、十分な情報を得た上での決定ができるようになります。

Galapagosは進化論に基づくアルゴリズムソルバーを使います。進化モデルでは候補となるソリューションのポピュレーションは維持され、既存ポピュレーションを突然変異させるか変異を組み換えることで、新しい候補のソリューションがランダムに生成されます。ポピュレーションは周期的に選択条件を適用することで削られ(適応機能)、より良い候補だけが次の世代に生き残ります。何代にも渡って繰り返し適用され、候補プールに平均的なクオリティのソリューションが徐々に増えていきます。




原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: