2016年9月16日金曜日

Grasshopper for Rhino 5 Windows(ビギナー)ウェビナー、オンラインで公開



先日行われたウェビナー、An Introduction to Grasshopper for Rhino 5 Windows(ビギナー)に参加できなかった方もいらっしゃると思いますが、録画された各言語のセッションをVimeoに投稿しています。

学習、復習とも以下のリンクからご覧いただけます:

原文投稿者: Elena Caneva

車のレンダリングに挑戦 - Humster3Dスタジオ - 2016年9月13日 - 11月29日


Car Render Challenge 2016
2016年9月13日 - 11月29日
応募締切: 16:00(グリニッジ標準時)


3Dモデルのサプライヤー、Humster3Dスタジオは2013年から3Dモデリングのコンペを開催しています。

3回目となる年に1度の Car Render Challenge が始まり、スタジオでは素晴らしい賞を用意して応募をお待ちしています。受賞作品は 3D World3D Artist 各誌に掲載されます。

応募の方はまず車の3Dモデルと周囲の3D環境を作成し、レンダリングを完成させてから11月29日まで公開されているコンペのウェブサイトにあるウェブフォームからご送信ください。作品に制限はなく、レーシングカーでも架空の車でも好きな車で構いません。コンペのルールはこちらをご覧ください。

このイベントは代表的な3Dソフトの開発元と共同で行われています。

楽しいレンダリングになりますように。幸運を!


原文投稿者: Elena Caneva

3D印刷の展示会 - 10月4-5日、リヨン(フランス)





3D Print
2016年10月4-5日
9:00am - 6:00pm
LYON EUREXPO - HALL 6.1
リヨン(フランス)


2016年、3D Printが戻ってきました。アディティブマニュファクチャリングに焦点を合わせてさらなる高みを目指し、新しい展示空間、2倍の出展者、集中カンファレンスプログラム、ダイナミックなワークショップ、教育用アニメーションで、あらゆる業界・部門にアディティブマニュファクチャリングのテクノロジーやその活用をより理解できる機会となりました。戦略的に設計されたプログラムで3D印刷をカギにしたイベントになりました。

認定RhinoリセラーのCadlinkが出展(Booth B2し、McNeel ヨーロッパVanessa Steeg と3Dモデリング、解析、ラピッドプロトタイピングに向けた最適化を、RhinoとGrasshopperを含めて紹介しました。


参加者は無料パスを印刷することができました。


 

原文投稿者: Elena Caneva

2016年9月15日木曜日

Rhino-DAY & ワークショップ 2016 – ブラジル



Rhino-DAY and Workshops 2016 - ブラジル
   
RhinoFabStudio がブラジル、サンパウロのマッケンジー大学で RhinoDay を開催し、ベテランのデザイナーが Rhino 3D を製作/製造過程に組み込んでいる様子を具体的に紹介しました。

プレゼンテーションとは別に一連の入門ワークショップでRhinoとGrasshopperのようなプラグインが紹介されました。3時間のワークショップで、マッケンジーの学生達はコースの延長として認められました。

日程: 2016年9月21-23日
時間: 8:00 am - 8:00 pm
ワークショップのスケジュール: here!



詳細のお問い合わせ: Affonso Orciuoli

RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio™(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

The Shadows ROOM / 両性具有のNew-Territoriesによるワークショップ、10月20日 - 11月8日、オルレアン(フランス)



The Shadows ROOM / workshop by the androgynous New-Territories
with François Roche(個人秘書として)
10月20日 - 11月8日
Les Turbulences, FRAC Centre Orléans
88 Rue du Colombier, 45000 Orléans(フランス、オルレアン)


オープニング : 11月9日
エキシビション : 11月9日 - 2017年2月26日


グランゼコール、国立土木学校(École des Ponts Paris Tech)の DESIGN by DATA プログラムディレクター、Francesco Cingolani が 、DESIGN by DATA OFF プログラムでも特に名声の高いイベントの1つ、The Shadows ROOM / workshop by the androgynous New-Territories に皆さんをお招きします。

このワークショップは François Roche が Francesco Cingolani と共同で企画し、Frac Orléans が主催します。

ワークショップ期間中、アバターと(F. Roche を含む)コラボレーターと密に連携し、“The shadows ROOM”というインスタレーションを作って11月9日まで Frac Orléans で展示する予定です。

“The shadows ROOM” は事前のデザインなしにプロセスによって形態が定義される構造です。3トンのポリエステル繊維を使い、未加工のマテリアルから生まれる構造を作り出せるよう、スキャン位置の複雑なプロセスにロボットとキネティックを使う形態プロセスをデザインします。

学生達は関わった作品について単位が認定されます。


ワークショップの定員はわずか6席で、参加者はスキルと意欲で選考されます。希望者は以下の選考材料をメール(info@volumesparis.org)でご提出ください:
  • letter of motivation
  • cv
  • portfolio
応募締め切り: 2016年10月10日
早期割引2016年9月20日までの登録者に適用されます。

原文投稿者: Elena Caneva

2016年9月14日水曜日

AA Summer DLAB 2015の結果レビュー


ElifErdine: ロボットセルのセットアップ; ShawLi: ロボットで製作された発泡ポリスチレン(EPS)の型枠; MathiasReisigl: InFlux、全体像
diagram01: FEA解析とKarambaで生成された力の流れを示す力線; diagram02: Processingで開発されたカスタムツール、局所的データに応じたメッシュ緩和; diagram03: コンクリートのキャスト成型に向けた型枠データのアルゴリズム生成

InFlux は2015年7月27日から8月14日にかけて AAの本拠地ロンドンと Hooke Park の設備で行われた AA Summer DLAB 2015 の最終作業のプロトタイプです。

InFlux はジェネレーティブデザインのテクニックとロボットを使ったミリング戦略の統合を通して複曲面の複雑なジオメトリのファブリケーション/アセンブリを探索した成果です。2014年の研究でコンクリート材料のふるまいについて始め、2015年のサイクルで結合ジオメトリ、マテリアル、構造の研究をさらに進めました。高さ2.2メートル、幅4メートル、深さは3 – 25 cmの変動がある壁として実現されたInFluxは、7日間で開発、ファブリケーション、アセンブルされました。



原文投稿者: Elena Caneva

2016年9月13日火曜日

Alihankinta 2016 - 9月27–29日、タンペレ(フィンランド)



Alihankinta 2016
International Subcontracting Trade Fair
2016年9月27–29日
タンペレ(フィンランド)


フィンランドの代表的な産業見本市、International Subcontracting Trade Fair 2016 が、企業やエキスパート、意志決定者を集めて行われ、人的管理につながる効果的なデジタル化や無駄のない管理の適用方法、その他多くのことが話し合われました。

AN-Cadsolutions が出展(ブースC124)、Rhino、RhinoCAMRhino3DPRINT、3Dプリンター、DAVID 3Dスキャナーを紹介しました。


2016年9月12日月曜日

Orca3Dで平面的なシアを作成 - NDAR / Design Systems & Technologies の新しいビデオ



NDAR / Design Systems & Technologies がRhino/Orca3Dの手を借りて船体をフェアリングするテクニックを、こちらの短いビデオでご覧いただけます。


 
 

原文投稿者: Elena Caneva