2016年8月27日土曜日

Rhinoを使ったパラメトリックデザインとジュエリーデザインのコース - DESIGN[IO]


Parametric Design and Jewelry Design コース、DESIGN[IO] 主催


DESIGN[IO] Advanced Architecture and Digital Fabrication が3D印刷とパラメトリックデザインに焦点を合わせたデジタルファブリケーションのワークショップを行い、Rhinoceros + Grasshopperの組み合わせを使ってジェネレーティブデザインの概念とツールを紹介しました。

コース: Diseño de Joyas con Rhinoceros + 3D Print

日程: 2016年9月3・4日(土・日)
トレーナー: Architect Carlos Castro – 認定Rhinoトレーナー
参加費用: 50,000 ボリバルフエルテ
レベル: 初心者
言語: スペイン語
場所: Studio 1080, Caracas, Venezuela(ベネズエラ)

お申込みはメールArchitect Majo Franco)で受け付けられました。


ウェブサイトFacebookページで詳細をご覧いただけます。
Instagramのフォロー: @in_designio 

RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

2016年8月26日金曜日

新刊: Rhino 5.0 for Jewelry - Dana Buscaglia



ジュエラー、ファッション工科大学講師、認定Rhinoトレーナーでもある Dana Buscaglia は仕事に没頭していますが、Rhino 5 for Windows を使ったジュエリーデザインの新しい本を出版しました。600ページ以上、ステップバイステップのRhinoチュートリアルで、課題は学生にもプロにも向いています。


この本は2つのセクションに分かれています:
  • Creation of 2D drawings and layouts(2D図とレイアウトの作成)
  • Modeling of jewelry-specific 3D objects(ジュエリー特有の3Dオブジェクトのモデリング)
オンライン購入はこちら

2016年8月24日水曜日

Proving Ground のオープンソースツール



Proving Ground が先日、才能ある学生のインターングループとプロトタイピングの8週間サマープログラム、"Things We Make"を完成させました。


共同で "より良い建築環境のためのコンピューターとデータの利用の可能性をハイライト"するツールを作り、オープンソースにしてデザインコミュニティがこのサンプルを使い、既存のワークフローに組み込んでくれることを期待しています。


このツールにRhinoとGrasshopperがどう組み込まれたか、こちらででご覧いただけます

2016年8月23日火曜日

Scan&Solve ベータ版リリースのお知らせ


構造シミュレーションを行う Scan&Solve Pro ベータ版がリリースされました。Scan&Solve WIP は終了し、ベータ版になっています。

期間限定ですが、現在全てのRhinoユーザーを対象に無料でお試しいただけるようになっています。ダウンロード....

ベータ版の無料ウェビナーが8月16日に行われ、コンポーネントの結合されたアセンブリが複数のマテリアルを使ってどうシミュレーションされるか紹介されました。シミュレーションの設定、マテリアルの選択、境界条件の適用、結果の解釈の基礎をカバーし、上級トピックには直行異方性材料のために向きを指定、拘束タイプのミックス、マテリアルデータベースの編集が含まれます。

内容: Scan&Solve Pro ベータリリースお披露目ウェビナー
日時: 8月16日(火)、11 am(中部時間)