2016年7月15日金曜日

KUBRIX-Geo - Rhino 5用プラグイン



KUBRIX-Geo は Itasca Consulting Group のソフトウェア製品で、数値解析での6面体や4面体のメッシュ生成に向けたモデル作成に使われます。

幾何学的要求の厳しい石油鉱業の地盤力学に向けて作られましたが、このユニークなグリッドジェネレーターは土木、自動車、航空宇宙、マニュファクチャリング、バイオメディカル、エレクトロニクスの設計技術者にも利用されています。

KUBRIX-Geo はRhinoから直接起動することができます。

機能:
  • インタラクティブなソリッドベースでマップされた6面体メッシュ生成
  • Itascaの3DEC多面体のDEM/連続体解析製品を使った特定用途のためのインタラクティブなソリッドベースの凸型ブロック分解
  • KUBRIX ファジー論理のブロック分解に基づく全6面体の自動メッシュ生成
  • 4面体/6面体の自動メッシュ生成
  • 自動オクトリーメッシュ生成
  • 接合/結合部で遠近のメッシュを組み合わせるハイブリッド/マルチスケールのメッシュ生成
入力形式:
STL(クローズ、多様体、または非多様体 三角メッシュ)またはRhinoソリッド(トポロジー6面体、角柱、または4面体)

出力形式:
ANSYS、ABAQUS、FLAC3D、3DEC


2016年7月14日木曜日

D+O+F Universidad Veritas – コスタリカ、サンホセ






コスタリカ、サンホセにある Universidad Veritas がデザイン、最適化、ファブリケーションのワークショップ、Rhino D+O+F - Design Optimization & Fabrication を開催します。

コース内容:
このクラスでは正確なフリーフォームの3D NURBSモデルの作成と編集を学びます。速習クラスで特に高度なサーフェス作成コマンドを含む、Rhinoのほとんどの機能をカバーし、Grasshopperとパラメトリックデザインの機能に対する理解も提供しますので、さらに高度なそれぞれのプロジェクトに、その理解を生かすことができるようになるでしょう。クラスはRPあるいはレーザー加工を使うファブリケーション技術の情報、CNC加工向けにRhinoCAMを使う最適化もカバーします。
詳細...


お席には限りがあります!

インストラクター: RhinoFabStudio ワールドワイドディレクター、Andres Gonzalez
日程: 8月22 – 26日
時間: 8:00 am - 5:00 pm 
場所: Universidad Veritas - コスタリカ、サンホセ

お申込みの方は、メールで Robert Garita まで、または (506) 2246-4866 へお電話ください。


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

Basilica Gospe od Otoka – クロアチア、ソリン


Basilica Gospe od Otoka(クロアチア、ソリン)の見事なデザインと構造は、英国、クロアチア、フランスに拠点を置く建築デザイン/調査事務所、Vyonyx Architecture が手がけました。

Vyonyxはこの規格外のデザインを実現し、プロセスを通してBIMデータを維持するためにRhinocerosとVisualARQを使いました。VisualARQのオブジェクトは、特にこのバシリカの湾曲した壁の作成に便利でした。何もかも全反復の2Dドキュメンテーションが自動的に生成される間に、デザイナーは窓の位置やサイズを自由に、モデルを繰り返し再構築する必要もなく探索することができました。

このプロジェクトは現在建築中です。 他にもこのプロジェクトの写真をVisualARQギャラリーでご覧いただけます。

画像提供: Vladin Petrov - Vyonyx

Rhino & Grasshopper ワークショップ – ロサンゼルス


SomewhereSomethingワークショップのサマーシリーズを提供しています。スケジュール:


全ワークショップの開催場所:
SomewhereSomething
530 South Main Street
Los Angeles, CA 90013(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)
お問い合わせ: +1 (213) 986-7663


Waterman Polyhedra が Rhino for Mac をサポート


Waterman Polyhedra プラグインが Rhino 5 for WindowsRhino 5 for Mac の両方をサポートし、Waterman Polyhedron をどちらのRhinoでも作成することができるようになりました。

Waterman Polyhedronは球体を詰め込むことで作成されます。立方最密充填(CCP)の後、定義した半径より遠い中心の球体を一掃し、その結果の球体パックの凸多面体を作成します。

Waterman Polyhedronによってはプラトンの立体(正多面体)アルキメデスの立体(半正多面体)を作成します。

Waterman Polyhedra はRhinoプラグイン、Grasshopper Grasshopperアドオンの両方を提供します。

Waterman Polyhedra は無料です。