2016年5月27日金曜日

FIU: Breakthrough Miami




FIU は、2016年6月20日 - 7月8日Knightが支援する画期的なGrowlightプログラムに参加する Breakthrough Miami 10年生(高1)へのサポート6千ドルの追跡を行っています。


Dellからはノートパソコン、 Robert McNeel & Associates からはRhino が好意で貸し出され、 Breakthrough の子供達は最高にワクワクした夏に備えています。子供達はマイアミビーチの市政、環境、デザイン、芸術、技術を、David Rifkind(Associate Dean of Students)と彼の才能あるBreakthrough/FIU チームの指導で学び、チームの所属する Urban Studios では未来を3D印刷するユニークな機会が提供されます。


お問い合わせは John A. Stuart(電話:+1 305-535-1460)まで。


DEMO: Rhino & Grasshopper を使ったデジタルファブリケーション - Universidad José Matías Delgado




McNeel マイアミが中米エルサルバドルにある Universidad José Matías Delgado Rhino and Grasshopper DEMO を行い、 Rhino & Grasshopper  モデリングのエキスパート、Andres Gonzalez が Rhino 5、Grasshopper、VisualARQを利用してデータ駆動デザインを使う利点を紹介しました。

日: 2016年6月14日(火)
時間: 2:30–4:00 pm


場所: Universidad José Matías Delgado
              CEF, 2nd Level, Campus #1, Bldg #2


詳細は William Chavez までお問い合わせください。




RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

2016年5月26日木曜日

DEMO: Rhino & Grasshopper を使ったデジタルファブリケーション - Universidad Don Bosco





McNeel マイアミが中米エルサルバドルにある Universidad Don BoscoRhino and Grasshopper DEMO を行い、
Rhino & Grasshopper モデリングのエキスパート、Andres Gonzalez が Rhino 5 と Grasshopper を利用してデータ駆動デザインを使う利点を紹介しました。


日: 2016年6月14日(火)
時間: 10:00–11:30 am
場所: Universidad Don Bosco Aula magna B, Campus Soyapango
住所: Km 1½ ctra. al Plan del Pino, Ciudadela Don Bosco, Soyapango(エルサルバドル、ソヤパンゴ)

詳細のお問い合わせは Kenny Giron まで。



RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

DLA Conference 2016 での Lands Designワークショップ - 5月31日、イスタンブール(トルコ)


Lands Design ワークショップ
2016年5月31日 /  8.30 am - 1:00 pm
@DLA Conference 2016
イスタンブール工科大学 - Faculty of Architecture
イスタンブール(トルコ)



Lands Design プロダクトマネージャーのFrancesc Salla が17回目となった DLA Conference(デジタル ランドスケープ アーキテクチャー / Digital Landscape Architecture)で Lands Design ワークショップを行いました。

5月31日にイスタンブール工科大学で行われたこのワークショップで、Lands Design Beta をベースに Lands Design の主なツールが紹介されました。

Rhino と Lands Design を使い、ゼロから2Dドキュメントの生成、素晴らしいレンダリング表示まで、景観プロジェクトのデザインを一通り学べる内容でした。


無料ウェビナー: Rhino 5 for Windows - 中級


無料ウェビナー: Rhino 5 for Windows Intermediate - Freeform Modeling and Render Preparation of a Light Bulb
McNeel ヨーロッパ
2016年6月
10:00am(中央ヨーロッパ夏時間)  

Rhinoを使い始めたばかり、ある程度使ってはいるけれどモデリングのエキスパートのモデリング方法を見てみたい、という方を対象にしたウェビナーが行われました。

このセッションは主なパーツをモデリングする基本ツールと、フリーフォームで詳細を加えるより高度なツールを使いながら電球のモデリングとレンダリングの準備方法をカバーし、3Dモデルの完成とレンダリングできる状態にするまでが目標でした。

Rhinoと基本ツールの基礎知識が必要で、ヘッドセットやマイクは不要のウェビナーでした。

McNeel ヨーロッパ Tech Team のエキスパートが指導し、複数の言語で提供されました。

詳細:

スペイン語: 2016年6月6日
講師: Rodrigo Bárcena


英語: 2016年6月7日
講師: Rodrigo Bárcena


イタリア語: 2016年6月8日
講師: Giuseppe Massoni


ドイツ語: 2016年6月9日
講師: Verena Vogler 


フランス語: 2016年6月10日
講師: Vanessa Steeg 

 詳細:

• 定員あり
• 参加費無料
• プレゼンテーション約40分の後、Q&A15分
• お申込みの方にはウェビナーに参加するための情報を含めた確認メールを送信。
 

自分だけのチョコレートを印刷




XOCO 3Dプリンターは、趣味でクッキングに凝っている人や革新的なレストランに向いている、カスタマイズしたチョコレートを印刷します。オランダ人デザイナーの Michiel Cornelissen が、機能と美しさを兼ね備えた3Dプリンターを作りました。

XOCO 3Dチョコレートプリンターはまだ開発中で、プリンターヘッドとガラスカバーをつり下げた支柱1本と回転板を備え、極座標系に基づいたデザインになっています。

Michiel Cornelissen は初期バージョンから Rhino で作業していますが、Rhinoは今もデザイン事務所(Michiel Cornelissen Ontwerp)のメインモデリングツールです。

Aperi Creativo – 6月9日、ミラノ(イタリア)


Aperi Creativo
6月9日、6:30 p.m.
Via Losanna 7、ミラノ(イタリア)


6月9日、ARTC(認定Rhinoトレーニングセンター)の CorsiRhino3DConnexionWacom と共同でイベント、Aperi Creativo をミラノで行いました。

Cintiq、SpaceNavigator Enterprises、Rhino / Grasshopper をブレンドしてプロの創作と組み合わせ、ビールとおつまみも提供されました。

CorsiRhino は3DConnexionとWacomから最高の製品を作り出す方法を紹介しました。

参加費用は無料で、定員制のため事前のお申込みが必要でした。

 
 

2016年5月25日水曜日

Space Media Festival - 台湾、台北

Space Media Festival
I / WE / THEY – Art and Architecture Collaboration Programme 2016

日程: 2016年8月18-28日

Synopsis – redefining ‘I / WE / THEY’

アートと建築のコラボレーションという、文化や分野を超えたコラボレーションプログラムの特別テーマは ‘I / WE / THEY’ で、2016年8月18-28日に台北で行われる Space Media Festival 、2016年10月/11月にハーグ(オランダ)で行われる Modern Body Festival の中心になります。


お問い合わせの方はメールで info@dezact.org まで
Space Media Festival l Instructor introDezactVimeo

Furniture Society 2016 - パラメトリックな本棚のワークショップ



The Furniture Society は非営利の教育組織で、1996年に設立されました。教育に貢献したり、会員や社会を豊かにする、様々なプログラムを支援しています。

RhinoFabStudioディレクターの Andres Gonzalez がRhinoGrasshopperを使った本棚をパラメトリックデザインするワークショップ、Parametric Book Shelf を行います。Grasshopperのパラメトリック定義の書き方を学んで、2Dおよび3D形状の限りない可能性を発見しましょう!

日:
2016年6月23日(木)


時間:
10:15am - 1:30pm


場所:
FS16、米国ペンシルバニア州フィラデルフィア






詳細とお申込みは、こちらのリンクをご覧ください。


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

Rhino Rotorblade v2.00 リリースのお知らせ




  
Rhino Rotorblade プロジェクト – Rhino 5用 NACA翼型形状とローターの生成プラグイン

ffr Engineering が Rhino Rotorblade の安定した2つ目のリリースを発表しました。NACA翼型断面の輪郭生成できるようにしてくれる無償プラグインで、翼やローターの輪郭をサーフェスCADモデルの形状に、簡単で使いやすい方法で作れるようにもなります。


2016年5月24日火曜日

靴をしまえるヘラジカ


本物と同じ大きさのヘラジカを靴箱に? Siemen Cuypers がオスロ(ノルウェー)にある児童図書館の1つに依頼されたことから、クツヘラジカ(Shoe Moose)が誕生しました。

まずRhinoで全てきちんと合うようにしながら3Dにモデリングし、CNC加工に向けて全てを2D図に変え、次に組み立てを試せるよう縮小したプロトタイプをレーザーカットして、最終的には全てCNCで製作して組み立て方マニュアルと番号を付けた部品を完成させました。

私達はこのプロジェクトを McNeel Forum の Artisan Tech AS で知りました。

Siemen Cuypers はフリーランスで、デジタル製造、ビジュアライゼーション、Grasshopperプログラミングに関心をお持ちのプロダクトデザイナーです。


完成されたヘラジカはコートもかけられます



Intelligent Tectonics V1.0 ワークショップ - 7月9-16日、ソフィア(ブルガリア)


Intelligent Tectonics V1.0 Workshop
2016年7月9-16日

Union of Architects, 11 Krakra Street
ソフィア(ブルガリア)


Intelligent Tectonics V1.0 はパラメトリックデザインとファブリック戦略の国際ワークショップです。コンピューターを使ったツールは様々なデザイン分野で最先端になり、論理的に組み立てられたアプローチで複雑なデザインの問題に取り組めるようにしただけでなく、共通のデジタルプラットフォームの変数統合を通してそれぞれの段階同士のコミュニケーションをより滑らかにしてくれます。


講師

Boyan Mihaylov / ブルガリア

ワークショップディレクター
Associate @ DesignMorphine
CAD Specialist @ Joris Laarman Lab
Dipl. Ing. University of Stuttgart

Georgi Kazlachev / ブルガリア
Architect & Complex Geometry Specialist @ Studio Tomás Saraceno
M.Sc. ITECH @ University of Stuttgart
B.Sc. Architecture @ Karlsruhe Institute of Technology


早期申込みは2016年6月5日まで受付中
その後も7月15日までお申込みを受け付けています

Scholarships
提出されるポートフォリオにより、2名の参加者に奨学金が授与されます。


Dynamic Mutations V3.0 ワークショップ - 7月23-31日、ソフィア(ブルガリア)


Dynamic Mutations V3.0 workshop
2016年7月23-31日

Union of Architects, 11 Krakra Street
ソフィア(ブルガリア)


Dynamic Mutations V3.0 は高度なデザインの国際ワークショップで、Autodesk Maya、Pixologic ZBrush、McNeel Grasshopper、Epic Games Unreal Engine 4 を使って行われます。Oculus Rift や Unreal Engine 4 といったツールでVR(バーチャルリアリティ)の時代にさしかかっていることから、このワークショップは不完全なものとして見られることの多い、素晴らしいバーチャルワールドの一面を探ります。突然変異の例外と思われることがある(予期しない結果をもたらす複製、歪みなどの)誤動作が、今回の主要なデザイン言語になります。

講師

Chris Thackrey / 米国

ZBrush、Unreal Engine のエキスパート
テキサスA&M大学
www.vimeo.com/user13896579

Pavlina Vardoulaki / ギリシャ、ブルガリア
Co Founder & Creative Director @ DesignMorphine
Architectural Assistant Part II @ Foster + Partners
Maya Software Tutor @AA School of Architecture
MArch II Distinction AA Design Research Lab
MArch I Honours Civic Buildings UACEG

Michael Pryor / 米国
Design Director @ DesignMorphine
Project Designer @ SOMA Architects
Co Founder @ 3D-Dreaming
ニューヨーク工科大学


早期申込みは2016年6月15日まで受付中
その後も7月20日までお申込みを受け付けています

奨学金
参加者のうち1名の方は奨学金を受けることができます。お申込み後にポートフォリオ(A4で3ページ)のPDFとCVをこちらにお送りください: info@designmorphine.com



Fabric for Unreal integration: OpenNURBS データを Unreal Engine へ - ベータテストプログラムへの参加者募集中!

Fabric Engine はデジタルコンテンツの作成プラットフォームで、VFX、ゲーム、VR(バーチャルリアリティ)、ビジュアライゼーションのパワフルなツールとアプリケーションを誰でも使えるようにしてくれます。

Fabric for Unreal Engine 4 integration は現在ベータテスト中です。この統合により、OpenNURBS/3dmファイルを直接 Unreal Engine 4 で使えるようになります。注目ポイントはスタンダードな一方通行のエクスポートプロセスではなく、コンテンツを作成するアプリケーションから Unreal Engine へ通して再度戻すというループがはるかに洗練され、直接 .3dm ファイル形式で作業しながらできる所です。

こちらのプレゼンテーションRhinoをコンテンツ作成アプリケーションとして、 Fabric Engine をデータパイプラインとして、 Unreal Engine を再生環境として使っている様子をご覧いただけます。

テストへの参加をご希望の方は、以下のステップで行っていただけます:

1) Fabric フォーラム(http://forums.fabricengine.com)でサインアップ
2) 以下の内容を添えて beta@fabricengine.com へメールを送信:
  • フォーラムのユーザーネーム。
  • ご自身の職種(役割/業種/会社)。Fabric へのご参加にはスクリプトを使いこなせる必要があります。
  • Fabric for Unreal のテストに費やせる週当たりの時間数
  • Fabricを使って解決したい問題の内容


AAオーフス出張スクール、学生向け奨学金



AA_Aarhus Visiting School はMaerskのスポンサー支援のおかげで、2016年度の学生に奨学金を提供できることになりました。

人数制限がありますので、奨学金希望者はCV、ポートフォリオ、希望するクラスター(Mesh Morphologies または Robotic Collaboration)、奨学金を必要とする理由を明記した申込書をこちらに提出してください: aarhus@aaschool.ac.uk

この奨学金は学生のみが対象で、授業料の70%をカバーします。旅費、食費、滞在費は含まれません。


2016年5月23日月曜日

カーデザインのワークショップ - 7月18-20日、バルセロナ(スペイン)

 

バルセロナ(スペイン)
2016年7月18-20日

3日間のワークショップで、Rhino 5、Grasshopper、Autodesk Shape Modeling から最適なツールを使ってコンセプトを作り、簡単に向上させるシンプルな手法を学ぶことができます。

コースでは自動車のデザインと3Dモデリングの原則を見直し、正しく取り入れられるようにします。参加者は簡易化した方法でジオメトリ生成、編集、評価する方法を学び、制作で一番重要な部分、デザインに集中できるようになるでしょう。計画されたワークフローで進めるため、上にレンダリングされている車がコンセプトになります。


インストラクター
: Jorge Biosca
言語: 英語

参加費用
:

  • 6月20日までの早期申込み: 学生 €245 + VAT(付加価値税) / 社会人 €345 + VAT(付加価値税)
  • 6月21日以降: 学生 €395 + VAT(付加価値税) / 社会人 €495 + VAT(付加価値税)

参加条件:
  • Rhino 5 がインストールされたノートパソコンをお持ちください
  • 中級レベルのRhinoスキルが必要です