2016年5月6日金曜日

近日公開予定の VisualARQ 2.0: 新機能の一部を紹介







近日公開予定の VisualARQ 2.0 バージョン大きな機能向上の1つは、VisualARQ のオブジェクトスタイルを Grasshopper の定義から作成できるオプションになります。

2016年5月5日木曜日

南アフリカでのRhinoトレーニング – ヨハネスブルグ、ケープタウン、ダーバン



SimplyRhino South Africa が初めてダーバンでのRhinoトレーニングを行い、2016年のトレーニングスケジュールを更新しています:

ヨハネスブルグ
  • 5月24-25日 – Rhino入門(火・水)
  • 5月26、27、28日 - Rhino for Mac 入門(木・金・土)
  • 6月9、10、11日 - Rhinoレベル1(木・金・土)
  • 6月12、13、14日 – Rhinoレベル2(日・月・火)
ヨハネスブルグのトレーニングは全てDowerglenにある Corporate Conference Centre で行われます。

ケープタウン
  • 5月31日、6月1日 – Rhino入門(火・水)
  • 6月2、3、4日 - Rhino for Mac(木・金・土)
  • 6月30日、7月1、2日 – Rhinoレベル1(木・金・土)
  • 7月3、4、5日 – Rhinoレベル2(日・月・火)
ケープタウンのトレーニングは全て Dunkeld Square, Wandel Street, Gardens にある iKhaya Lodge で行われます。

ダーバン(New!)
  • 7月19、20日 – Rhino入門(火・水)
  • 7月21、22、23日 - Rhino for Mac
  • 7月24、25、26日 – Rhinoレベル1
  • 7月28、29、30日 – Rhinoレベル2

ダーバンのトレーニングは全て北部の Glen Hills にある Glenview Guest House で行われます。

rese arch MEETUP Paris - 2016年5月28日、パリ


rese arch MEETUP Paris
28 May 2016
VOLUMES Coworking
78 rue Compans
75019 Paris(フランス、パリ)


rese arch MEETUP は年に1度の国際カンファレンスとネットワーキングのイベントで、建築分野におけるコンピューテーショナルデザインの実践者や理論家、デジタル製造のエキスパートと関連分野の現代思想家や哲学者を一堂に集めます。

主なサポーターの1つは高名な École des Ponts ParisTech で、上級修士課程の DESIGN by DATA を始めるところです。

DESIGN by DATAVOLUMES の主催する rese arch MEETUP Paris 2016年春のトピックで、入力パラメーター、ビッグデータ、統計、数値的シミュレーションと文化的分野としての建築の本質に与える影響について、詳しい内容を聞くことができる複数の講義が行われます。

企画:
Ján Pérneckyrese arch: ヨーロッパや世界の建築に関する研究、教育、批判的思考をサポートする独立プラットフォーム)が Francesco Cingolani(Volumes Coworking)と共同で行います。
確定している講演者: Daniel BolojanPhil AyresEfilena Baseta(Noumena)、Francesco CingolaniJán Pérnecky

今後確定予定の講演者:
Klaas De Rycke - BOLLINGER + GrohmannPierre CutellicArthur Mamou-ManiAndrea GrazianoDaniel Widrig、Christoph Bader または Dominik Kolb、Theo SpyropoulosIsaie Bloch


このイベントのスポンサーの1つであるRhinoforyouがRhino、GrasshopperVisualarqGeometry Gym AEC solutions for Rhino & Grasshopper を紹介します。



DIVA4Cloud ウェビナー、6月9日



日: 2016年6月9日
時間: 12:30 pm 米国東部時間
参加費用: US$15.00

DIVA-for-Rhino は高度に最適化された太陽光とエネルギーモデリングのプラグインで、Rhino/Grasshopper CAD 環境に向いています。Radiation Maps、Photorealistic Renderings、Climate-Based Daylighting Metrics、Annual and Individual Time Step Glare Analysis、LEED and CHPS Daylighting Compliance、Single Thermal Zone Energy and Load Calculationsを含む、それぞれの建物や都市景観の環境パフォーマンスの評価に使います。

プレゼンター:
Jon SargentSolemma、LLC
ニューヨークに拠点を置く建築デザイナーで、Solemma LLC の Chief Creative Officer です。シェーディングの最適化、サーマルモデリング、コンピューテーショナルデザインを専門にしています。

Neil KatzSkidmore、Owings、Merrill
Neil は建築家で、Skidmore、Owings、Merrill のアソシエイトです。デザイン、ジオメトリ開発、解析、環境やサステナビリティを含む、プロジェクトの目的に応じたデザインに“コンピューテーショナルデザイン”のアプローチを使います。

Matthew ShaxtedParallel Works, Inc
Matt は Parallel Works, Inc の創始者・代表取締役です。



スキー・カップ・エスプレッソ


Ski cup espresso は完璧な形に仕上げられた、スキーに乗ったカップで、コーヒーを飲むひとときを特別なものにしてくれるでしょう。プロダクトデザイナーであり、3Dモデラーの Aleksandar Dimitrov がRhinoでデザインしたもので、オリジナルのスキーベースは瞬時にエスプレッソカップを分離することができます。1つのユニットとしてShapewaysが3Dに印刷したスキー・カップ・エスプレッソは食品の安全性をクリアしたポーセリンで、つやのある釉薬仕上げで焼き上げられました。





2016年5月4日水曜日

Clerkenwell Design Week - 2016年5月24-26日、クラーケンウェル(ロンドン)- Simply Rhino UK の講演3回


Clerkenwell Design Week
5月24-26日
クラーケンウェル(ロンドン)



Clerkenwell Design Week(CDW)は英国トップレベルの独立デザインフェスティバルです。

Clerkenwell Design Week 3日間の素晴らしいラインアップの一部として、Simply Rhino トレーナーの Arthur Mamou-Mani が、毎日異なるデザインに焦点を当てたプレゼンテーションやデモを行います。



rese arch MEETUP 2015 講義のビデオ


ブラチスラバ(スロバキア)で行われた前回の rese arch MEETUP 2015 の ビデオが、オンラインでご覧いただけるようになりました。


rese arch MEETUP は年に1度の国際カンファレンスとネットワーキングのイベントで、建築分野におけるコンピューテーショナルデザインの実践者や理論家、デジタル製造のエキスパートと関連分野の現代思想家や哲学者を一堂に集めます。


2016年のイベントは2016年5月28日パリで行われ、デザインとオープンイノベーションのための共同作業や製造スペースのVOLUMESが主催します。

Clayoo 2.0 ウェビナー – 2016年5月4日



Clayoo 2.0 ウェビナー
日: 2016年5月4日(水)
時間: 11:00(イギリス時間)


5月4日の水曜日、Simply Rhino UKClayoo 2.0 の無料ウェビナーを行い、Clayoo CAD マネージャーの Xavier Marrodan が Clayoo 2.0 が提供できる新機能と可能性について紹介しました。


GRAPHISOFT、Grasshopper-ARCHICAD Live Connection をリリース



ブダペスト、2016年4月28日 – 世界から千人以上の建築家やデザイナーが関わった6ヶ月の公開ベータを経て、GRAPHISOFT®が Grasshopper–ARCHICAD Live Connection をリリースしました。業界第一で双方向の“ライブ”コネクションは、Rhino/GrasshopperユーザーがプロのBIMソフト(ARCHICAD)につなげるようにしてくれます。  

GRAPHISOFTが開発した Rhino-Grasshopper-ARCHICAD コネクションは初期段階のデザインとBIM間のギャップを埋め、建築家が3つのデザイン環境 -- RhinoGrasshopperARCHICAD -- の強みを活かせるようにしてくれます。このユニークなコネクションはシームレスで双方向のジオメトリ転送を越えるツールを提供し、基本的なジオメトリ形状を完全なBIM要素に変換しながら、アルゴリズムの編集機能は維持してくれます。

McNeel & Associates CEOである Robert McNeel のコメント: "アルゴリズムデザインは建築のグローバルなトレンドの代表的なものです。この新しいリアルタイムのコネクションを使うことで建築家は独創性を解き放ち、他の方法ではほぼ不可能な形や形状を創り出せるようになります。このような作業のため市場に出ているツールの中で、Rhino と Grasshopper は最高のものでしょう。"

詳細はこちらのウェブサイトでご覧いただけます: http://www.graphisoft.com/rhino-grasshopper/

About GRAPHISOFT
GRAPHISOFT®は1984年、建築向けで初のBIMソフト、ARCHICAD®でBIMの火付け役となりました。世界初のリアルタイムBIMコラボレーション環境の革新的なBIMcloud®、世界初の完全BIM統合“グリーン”デザインソリューションであるEcoDesigner™、世界トップレベルのBIMビジュアライゼーションのためのモバイルアプリ、BIMx®で、引き続き業界をリードしています。GRAPHISOFTは Nemetschek Group の一部です。


Grasshopper 中級オンラインコース、5月9日開始




日程: 2016年5月9-12日
参加費用: US$215.00


インストラクターの Andres Gonzalez がGrasshopperアドオンを使った Rhino 5 でジェネレーティブモデリングの中級コンセプトを探り、Grasshopper の中級デザインと数多くの実例開発にそのコンセプトを適用するオンライントレーニングを開催しました。


このコースはインストラクターの指導によるオンライン環境で、速習ペースでGrasshopperの概念や機能を効率的に学ぼうとお考えのデザイナー/設計者に向いています。




スケジュール:
5月9-12日(月-木)、9:00am-正午(太平洋夏時間)

時間は全て太平洋夏時間です。タイムゾーンの計算はこちら




メモ: このコースの受講にはGrasshopper入門トレーニング、または同等の知識が必要です。



Digital Drawing Days - 5月20-21日、アレッツォ(イタリア)



Digital Drawing Days
2016年5月20-21日
Etrusco Arezzo Hotel
Via Fleming 39, 52100 Arezzo(イタリア、アレッツォ)


認定Rhinoリセラーの3DWSが第7回目となる Digital Drawing Days を行います。どうぞご参加ください。

DDDは完全にコンピュータグラフィックス専門のイベント、Digital Drawing Days, の頭文字で、アーティスト、技術者、様々なCG分野のエキスパートがワークショップや事例史、制作過程、市場に出ている最新のハード&ソフトのデモンストレーションを次々に行います。

プログラムはテーマ別の2日間で構成されています:

DDD Tech Day - Chaos Group、NVIDIA、McNeelのオフィシャルサポートで主なハードとソフトについて紹介します。

Giuseppe Massoni(McNeel ヨーロッパ)が "The Road to Rhinoceros 6" のプレゼンテーションを行いますので、どうぞお見逃しなく。

DDD Artist Day - 国際的に知られるアーティストが制作過程やケーススタディを紹介します。

3DWS が最新のR4ワークステーションシリーズを含む、前世代のハードを揃えてイベントをサポートします。どの構成も特別な必要性に合わせ、Autodesk、Adobe、NVIDIA、McNeel、The Foundry、Chaosgroup、iToo software とトップレベルの技術コラボレーションを利用しています。

無料でご参加いただけますが、お申込みが必要です。





連絡先:
Organizer - 3DWS
http://www.3dws.net
ddd@3dws.net
Official Media partner - Treddi.comhttp://www.treddi.com
DDD 2016 PR - Francesco La Trofa
francesco@treddi.com
francesco@3dws.net