2016年10月13日木曜日

Daniel Artamendi Ortiz de Zarate とのArduinoカンファレンス - UPB Medellin




UPBRhinoFabStudioがArduinoのカンファレンスを Daniel Artamendi Ortiz de Zarate を迎えて行い、Arduinoの原点から最新の状況までの道のりをたどりました。

Arduinoはオープンなハードウェアプラットフォームで、物理的世界に関わるデバイスの作成を可能にしながら、学際的プロジェクトでエレクトロニクスの利用を促します。ビジュアルプログラミング言語にヒントを得てエレクトロニクスでのこの言語の開発スピードとシンプルさの同じ原則を適用することを目指し、ラピッドプロトタイピング環境と教育に最適となるよう、どちらも指導するエレクトロニクスのプロジェクトのためにデザインされたオープンソースライセンスのもと、プログラム環境とICで構成されました。

: 2016年10月20日
場所: Universidad Pontificia Bolivariana(UPB)、メデリン(コロンビア) – Colombia Aula 414 Bloque 10 4th floor
参加費用: カンファレンス無料
詳細はメール( Andres Franco)でお問い合わせください。

RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

0 件のコメント: