2016年9月30日金曜日

Robotic Tectonics Workshop_2016、DAM_Lab

Robotic Tectonics/Workshop_2016

デジタルデザインからファブリケーションの環境で産業用ロボットを利用することで、フレキシビリティやデザインの自由度が大幅に広がります。ロボティックファブリケーションをテーマにした Robotic Tectonics Workshop_2016 が DAM_Lab として知られる Digital Architecture & Manufacture Laboratory の主催で行われました。会場は青島理工大学のキャンパスで、世界各国からエキスパートや学者、有名建築事務所が招かれ、建築の分野に役立つロボティックファブリケーションの新しい機会や挑戦、斬新なデジタルファブリケーションの構築学についてディスカッションが行われました。

日程
  • ワークショップ: 2016年10月8 - 15日
  • エキシビション、国際カンファレンス: 2016年16日

場所
  • ワークショップ: DAM_Lab、青島理工大学、No.11 Fushun Rd., Shibei Dist., Qingdao, Shandong Province, China 266033(中国)
  • エキシビション、国際カンファレンス: University Lecture Hall、青島理工大学、No.11 Fushun Rd., Shibei Dist., Qingdao, Shandong Province, China 266033(中国)
学生/大学院生はRhinoとGrasshopperのスキルが参加条件でした。

詳細....





0 件のコメント: