2016年8月10日水曜日

GrasshopperとRhinoを使ったパラメトリックな家具デザインのワークショップ - 8月19-21日、ブルガス(ブルガリア)


Parametric Furniture Design with Grasshopper and Rhino ワークショップ
8月19-21日、9:30 - 18:00
Exhibition Center Flora
ブルガス(ブルガリア)


Parametric Furniture Design with Grasshopper and Rhino は家具のデジタルファブリケーションと3Dモデリングのアルゴリズム手法を組み合わせる集中コースで、具体化できるようジオメトリでパラメトリックデザインを使うことで家具を作り出すことが目的です。

このコースは形状のアルゴリズム構築、カスタマイズ、3D印刷とファブリケーションのプロセスをたどり、ユニークなカスタムデザインの作成、ビジュアライゼーションができる、RhinocerosとGrasshopperでパラメトリックモデリングツールを紹介します。あらゆる実験的ニーズのために3Dプリンターを使うことができ、参加者は自分達のデザインを製造してファブリケーションプロセスの全てを学ぶことができました。最終的には全員がプロトタイプの3D印刷を手にしています。

内容
  • Grasshopper入門、パラメトリックモデリングを通した様々な形状の作成とカスタマイズ
  • 3D印刷のプロトタイプ
  • Keyshotを使ったビジュアライゼーション
講師
Dimitar Peikov / ブルガリア
Intern @ DesignMorphine
Zlatko Yanakiev / ブルガリア
Intern @ DesignMorphine
Martin Petrov
/ ブルガリア
Intern @ DesignMorphine

必要なソフト
参加者はRhino 5GrasshopperKeyshot(製造元のウェブサイトで試用版が提供されています)がインストールされたノートパソコンを持参する必要があり、参加者にはDesignMorphineから必要なソフトや試用版をダウンロードできるリンクが送られた他、インストールに問題があればワークショップの間にヘルプも提供されました。

各ソフトの経験は不要で、ファブリケーションに向けtえ3Dプリンターが用意されました。
この集中コースを修了した参加者には修了証が授与され、飲み物とランチの軽食も提供されました。
定員制で、お申込みは先着順で締め切られました。



0 件のコメント: