2016年8月11日木曜日

eCAADe 2016 - オウル(フィンランド)


eCAADe 2016 - 第34回年次大会

eCAADe ワークショップ: 8月22-23日
eCAADe カンファレンス: 8月24-26日

Oulu School of Architecture
Aleksanterinkatu 6
90014 University of Oulu
フィンランド、オウル


eCAADe(Education and research in Computer Aided Architectural Design in Europe)は、建築および関連分野での研究や教育にコンピューターを使うことについて情報を共有し、適切な慣習を促進することに共通の関心を持つ組織および個人の非営利団体で、1983年に設立されました。

会員組織同士のアイデア、情報、職員の交流を促進・育成し、毎年異なる会員大学が年次大会を主催します。今年の eCAADe Annual Conferenceオウル大学(フィンランド)で、8月22~26日に開催されました。

最初の2日間にはワークショップシリーズが行われましたが、Effimia GiannopoulouNelson MontásPablo Baquero8月22日(月、9:00 - 18:00)に行ったワークショップ、"Transformational Intelligent Systems. Parametric Simulation Workshop Proposal" にハイライトを当てたいと思います。

ダイナミックなキネティック構造をデザインし、マテリアルのふるまいをシミュレーションして重要な機能、作動、物理的性質をきちんと予測することが目的の1つで、Grasshopper + Kangaroo が1つのサブトラクティブリームにあるデザインシミュレーションツールのワークフローを橋渡しし、よりスムーズで滑らかな意志決定プロセスを最適化します。


0 件のコメント: