2016年8月29日月曜日

Architecture Challenge 2016


2016年9月5-10日
オーストリア - ウィーン

国際的なエキスパートや団体とコラボレートする建築のサマースクールプログラム、Angewandte Architecture Challenge(AAC16)が行われ、デジタルデザインとファブリケーションを統合して探りたい建築学生がウィーンにある応用美術大学 - Die Angewandte(Institute of Architecture)の授業環境でフルスケールの建設プロジェクトをデザインしました。

AAC16プログラムは1週間の集中イベントで、Rhino / Grasshopper / Karamba / KUKA prc のソフトウェア入門に続き、グループ単位でデザイン開発プロジェクトと毎日の見直しが行われました。選ばれたプロジェクトのファブリケーションには Robotic Woodcraft 研究プロジェクトのロボット研究室で KUKA産業用ロボットを利用し、新しい製造プロセスチェーンを引き起こすプロセスを形成する新しく開発された革新的なプラスチックを使いました。このワークショップはフルスケール構造の最終プレゼンテーションで締めくくられ、続いてエキシビションが行われました。

国際的なエキスパートによる講義が同時に行われ、デジタルデザインやファブリケーションに傾向する建築学生に適した内容でした。Rhinoとrasshopperの基本操作は必須でしたが、Karambaの知識はあると有利でも必須ではありませんでした。


0 件のコメント: