2016年6月8日水曜日

夏至の採光ワークショップ


MITの Christoph Reinhart が建築における採光シミュレーションについて、2週間のハンズオンワークショップを行いました。

採光とソーラーゲインのコントロール、電灯照明のエネルギー利用、居住快適性といったサステナブルデザインの懸念を統合させることに重点を置いたコースで、経験則から高度なコンピューターシミュレーション、グレア解析向けのHDR写真術まで、幅広いデザイン解析テクニックがカバーされ、採光シミュレーションに潜在する基本セオリーを学び、取り入れたいと考えるデザイナーやサステナビリティ(持続可能性)のコンサルタントを対象に行われました。

含まれるシミュレーション課題:
  • 時点のビジュアライゼーションとRadianceでのグレア解析e
  • Daylight Factor とその時点の照度分布(LEED 2009 向け)
  • 太陽光発電システムのサイズや太陽エネルギーを利用するパッシブソーラーのデザインのための放射輝度マップ
  • ダイナミックシェーディングと電灯照明の制御を含めた気候ベースの年間昼光計算
  • LEED v4 順守のための Spatial Daylight Autonomy 計算
  • Annual Daylight Glare Probability 計算
  • 統合されたライティングとエネルギーのシミュレーション
コースは指導、ディスカッション、ソフトウェアのチュートリアル、練習を含む形で行われ、手持ちのデジカメでHDR画像を撮影するためのキャリブレーションや画像を評価する複数の方法を学ぶオプションもありました。

参加条件:
  • Rhino と DIVA 4.0 がインストールされた、比較的新しいWindowsノートパソコン
  • Rhinoの基本操作に慣れていた方が良いですが、必須ではありません
場所:
Building Energy Exchange, Inc.
31 Chambers St, Ste 609
New York, NY 10007(ニューヨーク)

日程:
6月20日、10am-5pm
6月21日、9am-4pm、オプション7am-9am

参加費用:
一般 $650、学割あり



0 件のコメント: