2016年6月16日木曜日

AAVSDXB 3.0 ワークショップ - 7月10-25日、ドバイ(アラブ首長国連邦)

AAVSDXB 3.0
Expocity 2020: Articulate Performance
2016年7月10-25日

アラブ首長国連邦、ドバイ

AA出張スクール(AA Visiting School Dubai)がこの夏、ドバイに戻ってきます。設計・建設の習慣を3週間のワークショップで推進することに集中し、活動量の多いハイブリッド張力構造の分野におけるグローバルなエキスパートが参加者と一緒に取り組みます。コンピューターシミュレーションとアナログプロトタイピングのフィードバックループがワークショップの中心テーマになり、プロセスにはシミュレーションとファブリケーションの最先端デジタルツールが使われます。

3度目となるAA Visiting School Dubai(AAVSDXB)は、Expo 2020 の会場内で公に取り組むという、今までにない意味を探ります。グループはイベントの一時的な建築の範囲で形状、空間、影響を把握するために使う手法について詳細にまとめます。

この万博のビジョン、'Connectivity, Mobility and Sustainability' に応え、ワークショップはドバイ万博のパビリオンを結ぶ空間を活性化し、日差しを遮るインタラクティブで効率的、革新的な囲いを提案します。

AAVSDXB 3.0 ではファブリック形状のパネルを空間の囲いにシミュレーションし、コンピューテーショナルデザインやオープンソースのエレクトロニクス、デジタル製造の今までにないテクノロジーの研究を通して、パフォーマンスの特徴でその形状を結合することを探ります。
特に高度なマテリアル、電子チップ、張力のかかった結合のために3D印刷されたツールでハイブリッドを作りながら、伸張性のあるファブリックのマイクロコンピューターによる複雑さを検証します。

ワークショップはインタラクティブなユーザー体験を生み出しながら、地域的に違いを出す張力構造のパフォーマンスをプロトタイピングすることが目標です。

お席に限りがありますので、どうぞお早めにお申し込みください。


0 件のコメント: