2016年4月26日火曜日

STONEDALONE: デジタルファブリケーションで作られた未来のお守り - Wynn Mustin のプロジェクト



STONEDALONE はデジタルファブリケーションで作られた“未来のお守り”コレクションで、パーソンズ美術大学の大学院課程、M.F.A. Design + Technology の2016年卒業候補生である Wynn Mustin 修士論文プロジェクトとしてRhinoでデザインしているものです。

天然結晶や鉱物形成に関連する抽象エネルギーにインスピレーションを得て、Wynnは派生3D印刷技術を使って遊び心があり、現代の神秘的特性を持つ人工ネオン結晶を作っています: Rhino でデザインした3D印刷からカスタムのシリコン型を作り、樹脂に成形してその中に追加的な3D印刷を埋め込んで、冷凍状態のように見える魅惑的な結晶の内包物を作り上げます。

ユーザープロフィールや何にでもなれるオンラインアカウントで、Wynnは Makerbot Replicator 2 で現代のお守りをファブリケーションする“サイバー神秘主義者(cyber mystic)”と自称しています。





詳細は以下のリンクをご覧になるか、メール(Wynn Mustin)でお問い合わせください。



RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio™ (ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

0 件のコメント: