2016年3月9日水曜日

WOVEN WOOD ワークショップ+エキシビション | ミラノデザインウィーク2016 - 4月4-10日、ミラノ(イタリア)



WOVEN WOOD
Computationally Informed Structures
2016年4月4-10日
SBODIO32 - Fuori Salone、ミラノ(イタリア)

講師
Djordje Stanojevic | Msc ITECH、Digital Fabrication and Computational Design Expert(IaaC) + FabLab Barcelona
Georgi Kazlachev | Msc Arch. ITECH

教授
Barbara Piga | Prof. Architectural and Urban Simulation、Politecnico Di Milano
Eugenio Morello | Architectural and Urban Simulation 科学研究員 - FaustoCurti、DAStU - Politecnico di Milano

コーディネーター
Davide Gamberini | Ezgaat Architects


Noumena
Ezgaat Architects が木材を編んだ軽量構造のパフォーマンスをデジタルファブリケーションで探索することを目指すワークショップ、WOVEN WOOD を行います。

弾力性があって曲がる素材の動作の利点や制限を完全に理解し、形状探索の手法やファブリケーション技術を用いてデザインプロセスを特徴付けます。また多軸のパターンを探索し、構造シミュレーションやCAMを用いて曲率の応力を最適化、最終的には 1:1 のプロトタイプのインスタレーションを実現・展示して SBODIO32 Warehouse をアクティブにすることが目標です。


スケジュール

Day 1 / 月曜日
Introduction on woven structures
Introduction to computational tools (Grasshopper3D, Kangaroo)
Exercises on weaving with paper models

Day 2 / 火曜日
Introduction to material behavior
Exploring geometries and connections
Testing physically the material
Introduction to structural analysis (Karamba)
Defining criteria for the final design

Day 3 / 水曜日
Application of structural analysis
Testing system performance through prototyping

Day 4 / 木曜日
Finalize the global design
Prototyping to tune the production
Process optimization

Day 5 / 金曜日
Fabrication

Day 6 / 土曜日
Fabrication and Assembly

Day 7 / 日曜日
Assembly





0 件のコメント: