2016年3月4日金曜日

Global Summer School 2016(GSS16)、IaaC - 2016年7月4-17日



Institute for Advanced Architecture(IaaC)が2016年度の Global Summer School - Hyper Cities を発表しました。

Global Summer School(GSS)は、計画した環境への新興テクノロジー関連事項を野心的・マルチスカラーに調査することで定義づけられるプラットフォームです。国際的なチームが毎年、世界中の主要都市で地域の状況に深く組み込まれたプロジェクトを含む共通の議題を探ります。このため参加者は、どうやって地域で生まれたデザインの結果を他のチーム拠点がある異なる都市でグローバルにテストし、発展させられるかを理解しながら、デザインの仮説を試す国際的なラボを持つことができます。ロボティクス、シミュレーション、物理的コンピューティング、パラメトリックデザイン、デジタルファブリケーション、その他関連する新興のデザイン手法における継続的な研究課題と1人1人の参加者をつなぐ、2週間の集中コースです。

2016年の "Hyper Cities" のグローバルな課題は、未来の都市をデザインする具体的な戦略です。都市についての現在の説明や理解は根本的に変わりつつあり、この変化と同時にデザインに使うツールにも根本的な変換が起こっています。

GSS16IaaC が主催し、世界の異なる地域から参加する複数のノード(Node)と共同で行われます。 GSS16 に関わる全てのNodeはハイパーコネクトでつながった都市から収集されたデータの複数のセットをデジタルで相互に関係づけ、伝達する、1:1 で都市を加工する介入の定義に挑戦します。世界に分散するキャンパスとして作業し、地域的にも世界的にもお互いにやり取りする介入のハイパーネットワークを生み出すことが目標です。

お申込みは2016年5月30日まで受付中です

具体的なご質問についてはメールでお問い合わせください: applications.gss@iaac.net

 
 

0 件のコメント: