2016年2月12日金曜日

“Integrating Isogeometric Analysis“- ITKE Stuttgart でのPhDプロジェクト - Innochain ネットワーク



McNeelヨーロッパは学会と建築/建設業界を結びつける、共同の研究・トレーニング環境 である Innochain Network の産業パートナーです。このプログラムは15名の学際的な研究者が3つのコアパッケージに渡って両立可能なプロジェクトに同時に取り組めるよう、EUの研究と改革のためのフレームワークプログラム、Marie Sklodowska-Curie Grant Agreement の Horizon 2020 から資金援助を受けています。

Communicating Design パッケージの一部として、Innochain研究者の Evy L.M. Slabbinck は Integration of Isogeometric Analysis に取り組んでいます。シュトットガルト大学ITKE(Institute for Building Structures and Structural Design)での彼女のPhDリサーチは、Knippers教授が監督し、BIG、McNeelヨーロッパが協力して行われています。




-要約-

アイソジオメトリック解析は構造解析のシミュレーションとデザインソフトとのギャップで動く、新たに出現したテクノロジーです。この新しく発展したコンピューターの手法は、従来のNURBSベースのCADモデルを使うことで近似ではないジオメトリを考慮します。同じベースのジオメトリと解析を使うアイソジオメトリックのコンセプトは、より高レベルなコミュニケーションと統合を可能にします。この研究は現在のCADパッケージでのアイソジオメトリック解析の統合と、建築デザインの文化のためにその可能性を探索することを目指しています。

0 件のコメント: