2015年11月18日水曜日

LARK Spectral Lighting for Grasshopper

Lark Spectral Lighting はGrasshopper用の新しいプラグインで、建築家、照明デザイナー、採光ワークフローでサーカディアン照明の測定基準を調べる研究者に役立ちます。デザイナーがスペクトルデータに基づいて建物のマテリアル、ガラス、空の色を定義できるようにする他、輝度のレンダリングと放射照度データは非視覚的、サーカディアンシステムでデザインオプションに関連する影響の解析にも利用できます。

Lark Spectral Lighting はワシントン大学ZGF Architects LLP とのコラボレーションです。


AECテクノロジーのシンポジウム - ビデオ


シンポジウムを見逃された方も、プレゼンテーションをオンラインでご覧いただけるようになりました: YouTubeの再生リスト.

2015年11月17日火曜日

SeaHorse Hydrostatics 1.44b リリースのお知らせ


SeaHorseはアップデートの時期です。内側にいくらか磨きがかかりましたが、それよりも重要なのは新しい出力です: 

  • 水線に関連するCoB(浮心)とCoF(重心)の位置、ワールドXYZ座標
  • Displacement-length ratio(排水量長さ比)とSpeed-length ratio(速長比)で船体のパフォーマンス表示を向上
  • Dave Gerr の本に示されている軽量船の手法と古典的理論に従い、Displacement speed(ハルスピード)も出力として追加
把握済みのバグ: 船体の入角および出口角はまだ不具合があり、計算が正しいこともあれば合わない値を示すこともあります。正しい角度を得られるよう、より良いIQの実装に取り組んでいます。

また寄付に参加するDonateボタンを修正しました。サポートありがとうございます!


ゾウのPearl、ファブリケーションされたランウェイのスター



建築事務所のPayetteは、自分達のファブリケーションプロセスで挑戦することを楽しんでいます。Payetteサーカスのテーマの一部だったPearl は11月5日に行われたファッションショー、IIDA New England 2015 Fashion Show でランウェイに登場しました。

2015年11月16日月曜日

Rhino for Mac ウェビナー: サングラスのモデリング

ウェビナー: Modeling Sunglasses in Rhino for Mac
2015年11月19日
9:00AM - 10:30AM(太平洋標準時)

The Outside Digital Design のKyle Houchens が Rhino for Mac を使ってサングラスをモデリングする方法を紹介しました。

速いペースで進めながらも有益な情報を盛り込んだセッションで、高度なサーフェシング方法でサングラスを作成しました。解析、レンダリング、ファブリケーションに向けた準備を実演し、プレゼンテーションを通してRhinoのヒントやコツをカバーしました。

ウェビナー最後のQ&Aを含め約1時間のプレゼンテーションでRhino for Mac を使いましたが、全てのRhinoユーザーを対象に行われました。

ご参加になれなかった方も、こちらでビデオをご覧いただけます