2015年11月5日木曜日

高度な3D印刷ツール

Rhino3DPRINT 2016

Rhinoプラグイン Rhino3DPRINT 2016 は、3D印刷できない点群やメッシュを準備できるツールを提供します。RhinoのパワフルなモデリングとRhino3DPRINTのデータ準備ツールを使った豊富なファイルインポート機能 のシームレスな組み合わせで、ほとんど全ての入力ソースやあらゆるメジャーな3D形式から3D印刷できるようになります。

バルセロナでのRhinoceros&Grasshopperトレーニング、 - Fundació CIM


Rhino & Grasshopper トレーニング
スペイン、バルセロナ
11月19日-12月18日

Fundació CIM は Universitat Politècnica de Catalunya · BarcelonaTech(UPC)に付属しています。UPCのミッションはエンジニアリングや技術管理の知識を、製品や製造プロセスの創作、向上、プロモーションを通して業界の可能性を広げたいと考える企業や専門家に伝えることです。

RhinoとGrasshopperのトレーニングは今後も行われます。


バルセロナでのワークショップ: Symbiotic Associations


Symbiotic Associations
2016年3月18-20日

オーガニックなデジタル製造に関連する再帰システムに基づいたアルゴリズムを学ぶワークショップです。デジタル構造をクレイ/ウッドのPLA樹脂など、生分解可能なマテリアルを使ったアディティブマニュファクチャリング技術を通して製造される物理的プロトタイプに変換します。構造は菌糸体で強化され、ハイブリッドの生体システムへと変化します。

このNoumenaのワークショップはバルセロナにある Green Fab Lab で行われます。Noumenaはイタリアとスペインをベースにデザイン、リサーチ、教育に焦点を合わせた共同グループです。



ウェビナー: Arena4D for Rhino


ウェビナー: Arena4D for Rhino
2015年11月26日(木)、11:00(イギリス時間)

Simply Rhino がArena4D開発元のVeesusと一緒に30分のウェビナーを行い、Veesus Ltd. の Mark Estcourt が Arena4D for Rhino プラグインの活用機能について、最新情報を紹介します。Arena4Dは大量の点群を素早くスムーズに、Rhino 5 でネイティブにレンダリングできるようにします。またユーザーからのフィードバックに耳を傾け、デザイン/実装した便利でユニークな活用機能を提供します。点群データからのリバースエンジニアリングは、大量の点群を扱う重荷を取り除くこのツールの導入でよりシンプルになり、ただデータを利用するだけで良くなります。


Volvox - Grasshopperで点群データ


Volvoxで点群データを作成、編集、解析することができます。

このプラグインはDURAARKプロジェクトの枠組みで開発されています。

DURAARK(Durable Architectural Knowledge = 永続的な建築の知識)は、建築の知識やデータの長期的保存と意味的な充実のためのツールや方法を開発する共同プロジェクトです。意味的に豊富なBIMモデルと構造化されていない点群データとの間をつなぐ、業務の慣例を確立することに焦点を当てています。


Formations Workshops Fall 2015、ワークショップ


Formations Workshops - Fall 2015
2015年11月14-15日
米国カリフォルニア州サンフランシスコ

CCA Digital Craft Lab が11月14-15日の週末、様々なデザインメディアプラットフォームの6つの1日ワークショップを行います。各ワークショップは1日セッションで、最高2つまで参加できるようになっています。

11月14日(土)、9:30am - 5:30pm
  • Prototyping Robotic Architectural Assemblies Workshop(Arduino、Grasshopper、Firefly)、Jason Kelly Johnson
  • Introduction to Grasshopper 、Andrei Hakhovich
  • Introduction to Dynamo 、Colin McCrone

11月15日(日)、9:30am - 5:30pm
  • Data Spatialization & Parametric Drawing in Grasshopper 、Adam Marcus
  • Building Facade Design in Grasshopper 、Andrei Hakhovich
  • Augmented Reality 、Jason Anderson

Bengesht - 新しいGrasshopperアセンブリ


Bengest は Behrooz Tahanzadeh が開発/共有したGrasshopper用アルゴリズムとコンポーネントのセットです。



コンピューテーショナルデザイン/製作の上級修士課程 - パリ


Advanced Master Program in Computational Design & Making は、パラメトリックのコンセプトからデジタルデザインの影響や芸術、デザイン、都市計画、建築、エンジニアリングのツール作成に関する幅広い知識まで、学生達にコンピューテーショナルデザインの学際的な修練を提供することを目指します。このトレーニングはコース、プロトタイピングワークショップ、カンファレンス、メーカーの現場訪問、ネットワーキングのイベントを含み、経験を強化させるようデザインされています。トレーニングが革新的な場を発見する真の機会になるよう、コースやカンファレンスはパリの複数の場所で行われます。

詳細とお申込み: mastere-cdm.enpc.fr

Power2Play - ポール・アレンのためにシーホークスのギターを作り上げるパワー



Sherwood High School と Kelso High School がファブラボでの教育をまたステップアップさせました。(このブログの左上にある検索ボックスに Sherwood と入れて検索すると、複数の投稿をご覧いただけます。)

この2校はPower2Work Foundation と協力してカスタムのエレキギターとケースを作り上げました。ポール・アレンと Seattle Seahawks 12s(シアトル・シーホークスのファングループ)に依頼され、学校プログラムを通してデザイン/製作された最初のギターの1つです。

プロジェクトは生徒達がプロの作業環境を体験する、複数の学校のコラボレーションです。高校で技術を教える教員やその他のパートナーを引き込むことでオレゴン州、ワシントン州、アラスカ州でデジタルファブラボのある30以上の高校の装備を調え、有意義なスキルを教えるというPower2Workの目標もあって、子供達はギターから家屋まで、あらゆるものづくりを学びます。

シーホークスのギターに関する面白い事実:
  • ギターのケースは Sherwood High School の古い漂白用容器から作られた
  • ピックアップは Normandy の Extreme Shielding Twangshifter
  • ギターは3種類の木材から: アルダー、ブラックウォルナット、メープル
  • ボディのアートワークは Shelby Tiffany が寄贈