2015年10月20日火曜日

Rhino レベル1 トレーニング – トルコ、イスタンブール


RhinoTürkiye が10月26日から新しい Rhino 5 Windows Level 1 トレーニングをスタートさせました。

Arch2O - NEXT7 コンペ


Arch2Oが連続2年目となるコンペで建築家、アーティスト、都市計画家、エンジニア、デザイナー、学生、およびクリエイティブな人々に挑戦します。
早期登録は2016年1月15日まで受付中で、最終締切は2016年2月7日です。
詳細は英文とリンク先のファイルをご覧ください。

For the second consecutive year Arch2O challenges architects, artists, urban planners, engineers, designers, students, and creative individuals to envision the Next7 -- by conceiving a proposed condition (or set of) which fundamentally different from the present. The future is going to be different. How? This competition is completely plastic and up to the individual entries to decide and define.
Each entry should specify at least one major difference that makes the future unique from the present. This condition should fundamentally alter what and how everything is.
The future presents problems that cannot be solved 1 or even 2 dimensionally. Any solutions must therefore incorporate an amalgam of disparate, new approaches. Entries are encouraged to solve problems in their defined futures with post contemporary technologies or methods. Failing this, there should be a clear demonstration of advancement in techniques; either advancement towards the positive, or the negative. Again, this is up to individual entries.
Arch2O puts forth that sustainable approaches incorporate parametric techniques, a reexamination of the analogue, and forward looking technologies. Entrants must decide for themselves what sustainability means. Entrants should consider that the time frame for the competition is set at an undetermined point in the future, so restrictions set on current technologies may not exist. Cars may fly, fusion might work, things may be roughly the same, save for one or two defining features. Things may be better or worse. These possibilities should be considered and incorporated into entries. The main focus of the competition will be architecture.

Early registration is now open until January 15, 2016.
Final deadline is February 7, 2016.

バルセロナでのワークショップ: Recursions





Recursions 
2015年11月27-29日

このNoumenaのワークショップではパラメトリックデザインを通して反復の戦略を探ります。このコースの主なツールはGrasshopperとAnemoneです。Anemoneはシンプルで直線的なループを作成できるようにする、単純ですが効果的なGrasshopperのプラグインです。反復成長、L-system、フラクタル、繰り返しのサブディビジョン等、様々な戦略を探ります。

このNoumenaのワークショップはバルセロナにある Green Fab Lab で行われます。Noumenaはイタリアとスペインをベースにデザイン、リサーチ、教育に焦点を合わせた共同グループです。




10名のPhD受入枠 - Center for Geometry and Computational Design、Technical University Vienna(ウィーン)



Technical University Vienna の Center for Geometry and Computational Design Doctoral College 'Computational Design で10名のPhD受入枠について出願を受け付けています。締切は2015年11月10日です。 コースは2016年1月にスタートします。


TU Wienで開講されるこの Doctoral College Computational Design(DC:{CD})、Center for Geometry and Computational Design は、複数の研究分野の長所をつなぐオーストリアで初めてのPhDプログラムです: コンピュータグラフィックスとアルゴリズム、ソフトウェアテクノロジーとインタラクティブシステム、コンピューター支援のオートメーション、離散数学と幾何、建築科学、アートとデザイン、美術史、建物の考古学と修復、学際的な建設プロセス管理、構造とマテリアルの力学

修士課程修了またはそれに相当する学位(Dipl.-Ing., Dipl.-Inf.)取得者が対象で、以下の分野での修了が望ましいそうです:

• Architecture
• Civil engineering/structural engineering
• Computer science/informatics
• Mathematics
• Mechanical or industrial engineering
• Physics

詳細および出願方法についてはウェブサイトをご覧ください:
http://gcd.tuwien.ac.at

2015年10月19日月曜日

China Design Week - ロンドン


10月19-25日China Design Week (London) 2015 UK-China Cultural Exchange Year Launch とエキシビションが行われました。このイベント、エキシビション、カンファレンスは習近平国家主席の公式訪問と英中文化交流年に合わせて行われました。

China Design Week(CDW)は中国と英国の間で一番注目を集めるデザインイベントの1つにすることを目指し、両国のクリエイティブ業界同士の実際的な交流と協力を促進することが目標でした。今年のCDWは創造力に富む中国 - 中国で、中国向けに作り出された(Creative China - Created in China and Created for China)ことについてで、エキシビションのメインテーマはデザイン、イノベーションとテクノロジー(Design, Innovation and Technology)、クリエイティブ/テクノロジー業界の分野で中国と英国のあらゆる規模の企業やデザイナーの奨励を目指して開催されました。

エキシビションの日程: 2015年10月19-25日(月~日)
時間: 10:00 - 18:00
会場: Compressor House, Royal Albert Dock, London E16 2QD

カンファレンス1: Transforming Made in China to Created in China
時間: 13:30 - 16:30

主な出展者: 
ABP
Farrells(Sir Terry Farrell)- Rhinoユーザー
Zaha Hadid Architects - Rhinoユーザー
Benoy - Rhinoユーザー
KREOD - Rhinoユーザー
MAD - Rhinoユーザー
Wolfgang Buttress - Rhinoユーザー
SURE Architecture - Rhinoユーザー
Feng He Mu Chen Architects and Interiors - Rhinoユーザー
Pauline Wong