2015年9月11日金曜日

竜の鱗をファブリケーションする方法

2015年ミラノ万博のために作られた万科パビリオンのねじれた形状は、英国の構造エンジニア企業 Ramboll UK Limited の素晴らしい挑戦です。

Ramboll は竜の鱗のようなセラミックタイルのパターンを単純化するため、設計事務所の Studio Daniel Libeskind と一緒に取り組みました。Ramboll はタイルのサイズと形状を12パターン未満に減らすため、Rhino、Grasshopper、Planktonで作業しました。社内のメッシュ生成を使い、複曲面を解析し、形状の代わりに重なりをわずかに変化させました。

ミラノ万博は2015年10月31日まで開催されています。

構造の詳細は Arch Daily で...

Rhino & ZBrush でペンダントをデザインする方法

画像: Shapeways

How to Design a Pendant in Rhino and ZBrush

Shapeways の Community Manager 、Kat Kinkead が書いたチュートリアルです。
Shapeways University シリーズの一部で、Kat Kinkead の作った Pluto Pendant のモデルをベースにしています。3D印刷に向けた作図方法から実際のプロセスをたどります。ith プラスチックのプロトタイプ、最終的なメタルペンダントまで、Rhinoでモデリングし、ZBrushを使ってPlutoの写真をマッピングした方法をご覧いただけます。

 


レベル2 Rhino for Mac オンラインコース、9月21-30日



画像: Kyle Houchens, The Outside

年末は何かと忙しくなりますから、Rhinoのスキルアップに秋は最高の季節でしょう。

新しい Level 2 Rhino 5 for Mac オンラインコースが9月21日に始まります。非常に才能あるインダストリアルデザイナー、熟練インストラクターで認定Rhinoトレーナー、The Outside Digital Design のオーナーでMcNeelのテクニシャンでもある Kyle Houchens が今回のインストラクターを務めます。


日時:
  • オリエンテーション: 9月21日(月)、9:00AM-10:30AM
  • トレーニング: 9月22-23日(火-水) および
    9月28-30日(月-水)、9:00AM-1:00PM

    メモ: 時間は全て太平洋夏時間です。
    タイムゾーンを計算.

Kyleのオンラインレベル2トレーニングのサンプルはビデオでご覧いただけます。パスワード: Test

ライブトレーニングのセッションではご質問いただくことができ、クラスとインストラクターとの交流があります。通常の形式では全てのセッションが録画され、復習用に投稿されますので、セッションができなかった場合はご都合に合わせて遅れを取り戻すことができます。

今回が初となる Level 2 Rhino 5 for Mac Online Course に、どうぞご参加ください。

2015年9月10日木曜日

Teknologia'15 - 2015年10月6-8日 - ヘルシンキ(フィンランド)



Teknologia'15 
2015年10月6-8日
ヘルシンキ(フィンランド)


エンジニア、研究科学、研究開発のエキスパート、マネージャー、製造業、職種の違いに関わらず見逃せないイベントです。最新の製品やテクノロジー、新鮮なアイデアの生まれる雰囲気を作り出すネットワークを強化できるユニークな機会でもあります。

Visit the AN-Cadsolutions が出展し、ブース(7H7)でRhinoをBlueprinter M3 3Dプリンター、Felix 3Dプリンター、Roland ARM-10 3Dプリンター、MassPortal 3Dプリンター、(自動回転テーブルを使う)DAVID SLS-2 、Sense 3Dスキャナー、RhinoCAM、SolidThinkingと組み合わせて使う方法を紹介します。

3D Print - リヨン


2014年の熱狂の波に続き、2015年も100%プロのイベント、3D PRINT の2回目が行われました。


日程
2015年9月15-16日

場所
Cité Internationale、リヨン(フランス) 

Cadlink が出展し、製品やソリューションを紹介しました。 

原文投稿者: Cécile Lamborot

NVIDIA Iray for Rhino ベータ参加者募集中

Rhino用プラグイン、Iray がベータに参加してくださる方を探しています。NVIDIA はベータプログラムを公開し、より多くの方にご登録いただきたいと考えています。

NVIDIA Iray for Rhino は物理ベースでフォトリアリスティックなビジュアライゼーションを素早く作成したいとお考えのデザイナー向けのレンダリングプラグインです。

IrayはRhinoに統合され、ビューポートで直接レンダリングします。モデルの形状、マテリアル、ライティングの加工に合わせ、途切れることなくリアリスティックなフィードバックを提供します。物理ベースの機能は実際のマテリアルや照明の動きを予測し、設定や特別な知識を最低限しか必要とせずに正確なビジュアライゼーションを可能にします。

NVIDIA for Rhino は NVIDIA の Materials Library をサポートします。

2015年9月9日水曜日

Rhino Visual Tips 5 コレクション



Rhino3Dバージョン5でのモデリング方法を学べる内容です。

Rhino3D.TVで Rhino Visual Tips 5 コレクションから60以上のビデオをご覧いただけるようになりました。





Rhino Visual Tips 5 + SAVANNA3D のご購入はこちら!

ビデオのダイレクトリンクはこちらです。まだ Rhino3D.TV のメンバーでない方はどうぞご登録ください。すぐに Rhino 3D を学んでいただけます。


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio™(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。


原文投稿者: Andres Gonzalez

Alihankinta - 2015年9月15-17日 - タンペレ(フィンランド)



2015年9月15-17日
タンペレ(フィンランド)

国際的な業務委託の見本市、Subcontracting Trade Fair で金属、エレクトロニクス、プラスチック、ゴム、ICTソリューション、コンサルティングが紹介されています。セールスやマーケティング、新しいマテリアルや技術もこのフェアのテーマです。


AN-Cadsolutions のブース(C124)では RhinoをBlueprinter M3 3Dプリンター、Felix 3Dプリンター、Roland ARM-10 3Dプリンター、MassPortal 3Dプリンター、(自動回転テーブルを使う)DAVID SLS-2 、Sense 3Dスキャナー、RhinoCAM、SolidThinkingと組み合わせて使う方法が紹介されています。

原文投稿者: Delia Robalo

2015年9月8日火曜日

あるRhinoユーザーの経歴

PolyPlane ウェブサイトがデザイン、ソフトウェア、いくつかのプロジェクトについて語った James Owen Design の James Owen を紹介しています。


原文投稿者: Sandy Mcneel