2015年7月22日水曜日

Hangzhou Tennis Center - 材料を節約する花びら

イメージ許諾: NBBJ - CCDI
Rhinoが役立ったユニークなデザインをもう1つご紹介します。Grasshopperに焦点を合わせ、パラメトリックデザインを利用しています。

NBBJは構造デザインを担当したCCDIと共同でHangzhou Tennis Center を設計しました。

構造のエンベロープで材料の鋼鉄使用量を減らす、環境と経費削減が目的の1つでしたが、この目的は達成され、同じようなアリーナに比べて67%もの鋼鉄を節約できたと胸を張ります。

シェルの正確な対数デザインを生成するためにまずGrasshopperが使われました。生成された複曲面が花びらの形になり、Grasshopperは花びらを構造要素に変換するために使われました。

中国、杭州にある Hangzhou Tennis Center は2015-2016年に完成予定です。

Arch20がこのプロジェクトをウェブサイト(study of computational design)で特集しています。





2015年7月21日火曜日

Rhinoからレーザーへ

ステップバイステップ: Rhinoからトロテック・レーザーで印刷/カットする方法


Rhinoからtrotec(トロテック)のレーザー加工機に情報を送る際の留意点を紹介している短いビデオクリップです。


ビデオを見る: [ 再生 ]


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio™(ファブリケーションスタジオ)およびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃通り、えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。.

原文投稿者: Andres Gonzalez