2015年6月25日木曜日

RhinoResurf 2 for Rhino リリースのお知らせ


Rhino用プラグイン、RhinoResurfのバージョン2がリリースされました。新機能の一部をご紹介します:

  • RsPoints2Surf: 点群から左右対称のサーフェスを作成します。「use symmetric plane」という名前のチェックボックスがダイアログパネルに追加され、4つのタイプ(Auto、YOZ、XOZ、XOY、Any)から選択することができます。 詳細 ... 
  • RsMesh2Surf: 指定のU方向でサーフェスを作成します。「plane」オプションではサーフェスを作成するU方向のガイドラインとしてメッシュ上の曲線を選択することができます。
  • RsMesh2Surf: 指定した角の点でトリムされていないパッチを作成します。 「3-corners」、「4-corners」、「2-corners」のオプションで、トリムされていないサーフェスを作成する角の頂点を定義するboundary point(境界点)を選ぶことができます。
  • RsSurfacemap: 元のメッシュから他のモーフしたメッシュへサーフェスをモーフするのに役立つコマンドで、モーフしたメッシュを正確にフィットさせます。URLのページで詳細をご覧いただけます。 http://www.resurf3d.com/helpdoc/english/RsSurfacemap.htmhttp://www.resurf3d.com/helpdoc/english/morph_geometry.pdf
  • MeshEdit: メッシュの編集でダイナミックにフリーフォームのサーフェスを作成します。含まれるコマンド:
    • RsVertexEdit: 頂点を動かしてメッシュとサーフェスを編集
    • RsEdgeEdit: エッジを動かしてメッシュとサーフェスを編集
    • RsFaceEdit: 面を動かしてメッシュとサーフェスを編集
    • RsExtrudeFaceOnMesh: 面を押し出してメッシュを編集し、新しいサーフェスを作成
    • RsScaleFaceOnMesh: メッシュ上の面をスケール変更して関連するサーフェスもスケール変更します。
    • RsRotateFaceOnMesh: メッシュ上の面を回転して関連するサーフェスも回転します。
  • いくつかのバグを修正しました。
  • このバージョン2はRhino 5 との統合がより良くなりました。メモ: RhinoResurf v2 はRhino5 64ビットでのみ動作します。Rhino4やRhino5 32ビットでは動作しません。
こちらのURLでビデオをご覧いただけます: http://www.resurf3d.com/changelog.htm


原文投稿者: Yoko

PanelingTools - オンデマンドコースのお知らせ


PanelingTools入門コースがオンライン/オンデマンドでご利用いただけるようになりました。

PanelingToolsは2Dおよび3Dのセルパターン生成、長方形グリッド全体への配置に役立つプラグインです。パネリングコンセプトの直感的なデザインの他、複雑なジオメトリの解析やファブリケーションに適した形状への有理化をサポートします。このプラグインはRhino 5 に密接に統合され、建築やその他の建物のデザインに広く利用されています。

この入門コース、Introduction to PanelingTools は総合的な内容で、全てRhino環境の範囲で利用できる幅広いツールやパネリングプロセスをカバーし、最後の部分には PanelingTools for Grasshopper の概要も含まれています。

EvoluteTools教育版ライセンスが新しいモジュールをサポート


パネリングのデザインに加え、EvoluteTools PRO Educationalが以下の目的にも使えるようになりました:

  • パネルフィッティング: 円柱、円錐、単一曲線のサーフェス、ルールドサーフェス、その他多くのタイプを使った曲面状のパネルを、ユーザー指定の許容差内で単純化
  • 平面パネルのクラスタリング: ユーザー指定の許容差内で平面パネル形状のクラスター
  • D.LOFT: 対の曲線から滑らかな可展サーフェスを作成

原文投稿者: Carlos Pérez

tensARC UK の求人情報


tensARCは張力構造向けの織物と展開可能な構造デザインで最高レベルの英国企業です。フルタイムで働ける非常に優れたデザイナーを探していますが、特に優秀な候補者が最終学年の学生である場合、夏の長期インターンシップも考慮されます。詳細は英文をご覧ください。

tensARC is one of the leading tensile fabric and deployable structure design companies in the UK. We have a rapidly increasing workload and are looking to strengthen our Stirling team with an exceptional new designer. This is a full time position but we would consider offering a long summer internship for an exceptional candidate in their final year of study.

General requirements:
  • Advanced 3D modelling skills, excellent general 3D CAD skills, excellent proficiency in Rhino 5 with solid experience in understanding the design and development processes.
  • Expertise with Grasshopper an advantage.
  • Experience in form finding, parametric modelling or an engineering background an advantage.
  • Fully proficient with all aspects of Microsoft Office.
  • Excellent oral and written presentation skills are required.
To apply, please send your CV, portfolio, and cover letter to paul@tensarc.co.uk  with “3D CAD designer” in the subject heading.

**No agency, in-person, or phone inquiries, please. **

DatakitがRhinoプラグインの範囲を拡張


CADデータの交換で最高レベルのDatakitが、Rhinoのインポート/エクスポートプラグインでのCGRおよびJTファイル形式サポートを発表しました。

Design Modelling Symposium Copenhagen 2015 - ワークショップのお知らせ


Design Modelling Symposium Copenhagen 2015 がワークショップとマスタークラスのプログラムを発表しました。カンファレンス前に2日間のワークショップ4つとマスタークラス1つが開催されます: 2015年9月28日(月)、29日(火)

実務者、研究者、PhD候補者、学生が対象で、マスタークラスはコペンハーゲンの建築学部から認定を受けていますので、PhD学生の参加者は2 ECTSポイントを取得することができます。参加費用は学生が320ユーロ、社会人は460ユーロでカンファレンスを含みます。

KieranTimberlakedesigntoproductionHAL-RoboticsBollinger-Grohmannバークレーおよびハーバード大学を含む企業や大学からトップクラスの研究者や実務者を招き、専門知識や最新情報を紹介します。このイベントは理論と実践を組み合わせ、最先端のデザインモデリングについて直に知ることができる機会を提供します。

2015年6月23日火曜日

Robert Garita - Collaborative Processes





バルセロナのIAAC(Institute of Advanced Architecture of Catalonia)で建築学部を卒業したRobert Garitaは、現在 Veritas University のSchool of Architecture and Product Designで教授を務めています。MG Studio Design and Architecture の共同創始者で建築チーフでもあり、Young Architects Board of Costa Rica にもメンバーとして積極的に関わっています。

Juan Esteban Vallejo と Vaneza Caycho とコラボレーションした最近のプロジェクトで、Robertは家具のデザイン、デジタル製造に取り組みました。メデリンにあるコロンビア国立大学の公共スペースのために依頼されたプロジェクトで、パラメトリックデザインとデジタルファブリケーションの技術導入を通し、ユーザー特定の必要性に合うユニークなデザインのオブジェクトを生成する将来性が評価されています。

プロジェクトのビデオをこちらでご覧いただけます

企画の全容はこちら

プロジェクトは全てRhino 5 とプラグインのGrasshopperRhinoCAMを使ってモデリングされました。



国際ワークショップの詳細:

このプロジェクトはコロンビア国立大学とコスタリカにあるVeritas University の学生達に、パラメトリックデザインやデジタル製造でデジタルテクノロジーを実戦する、より多くの機会を提供しました。

“Collaborative Processes”
Furniture Design and Digital Manufacturing - 2015
コロンビア国立大学(メデリン本部)キャンパス内公共スペースの家具についての企画

プロジェクトのコーディネーター、指導教員
Robert Garita Garita、Veritas University 教授、研究者
Juan Esteban Vallejo、Fab Lab UNAL マネージャー
協力: Vaneza Caycho、Fab Lat.

デジタルファブリケーションについての詳細: RhinoFabStudio.


プロジェクトの画像:



原文投稿者: Andres Gonzalez

SeaHorse Hydrostatics for Rhino



SeaHorse HydrostaticsVIZIBLEの新しいRhinoプラグインで、ボート船体の流体静力の拡張解析を提供します。