2015年4月30日木曜日

レベル1 Rhino 5 for Macオンラインコース、5月12日スタート



2015年5月12-19日

Rhino 5 for Macのレベル1オンラインコースを5月12日に始めます。どうぞご参加ください。
  • オリエンテーション: 5月12日、火曜日(9:00AM-11:00AM、太平洋時間)
  • トレーニング: 5月13-15日、水-金曜日と5月18-19日、月-火曜日(9:00AM-1:00PM、太平洋時間)
詳細:
  • 最新のRhino 5 for Macがインストールされている必要があり、Windows版のRhino 5 for Windowsは対象外です。
  • 安定した高速インターネット接続が必要です。
  • Rhino 5 Level 1 Training Guide and Models、およびRhino for Mac User Guideが必要です。参考資料としてPDFを印刷していただいても構いません。ダウンロードはこちら
  • 全ての"ライブ"セッションは録画され、プライベートのVimeo教室アルバムに投稿されます。ビデオはクラスの後3ヶ月まで、視聴/ストリーミングしていただくことができます。
 
原文投稿者: Jody Mills

AA_オーフス出張スクール


Rethinking Patterns: Exploring Heterogenic Structures
2015年8月21日(金)– 30日(日)

光と光技術の重要性を広く認識させる推進活動にユネスコが関わる国際光年である今年、デンマークのオーフスで初めてのAA_Aarhus Visiting School が行われます。グローバルな啓蒙活動の一環として、デザインにおける光の利用やどう制御/変調できるかを、コンピューター技術を使った物理的パターンを通して探ります。

ワークショップは8月21日(金)から31日まで、10日間に渡って行われます。定員がありますので、お問い合わせ/お申込みの方はこちらをご確認ください: aarhus.aaschool.ac.uk

Global Summer School - IaaC


Institute for Advanced Architecture が2015年のGlobal Summer School- Urban Protocolsを発表しました。
今年は特に優れた参加者1名がInstitute for Advanced Architecture of Catalonia(Masters of Advanced Architecture)の全額支給奨学金を受け取ることができます。

Rhino UK ユーザーミーティング 2015

Michael Eden

Simply Rhino 提供
Rhino UK User Meeting 2015
6月9日(火)

The Crypt on the Green
Clerkenwell
London
EC1R 0EA
(英国ロンドン)

講師:

dECOi architects - Architizer A+ Awards 受賞


ArchitizerがA+Awardsを発表しました。3年目になる、様々なカテゴリーと審査員で審査が行われるグローバルな建築賞プログラムです。

ボストンにあるOne Mainは、Architecture +Materials のカテゴリーでPopular Choice Winnerに選ばれました。One MainはdECOi architectsがデザインした、投資グループのペントハウス・オフィスです。

焦点はグリーンビルとクリーンエネルギー技術でした。屋内の要素は持続可能な方法で植林されたトウヒの合板を、数値コマンドの機械を使って製作されたものです。典型的な工業部品は、加工された木材にできる限り置き換えられました。例えばドアのハンドルは特注でカービングされましたが、それでも標準的なステンレス製のものほど高くありませんでした。この方法は精巧に作り上げられたインテリアの、徹底的に合理化された配送も提供しました。

全体のプロジェクトは4×12フィートの合板シート1200枚にネストされ、小型の3軸ルーターを使って製作されました。dECOiは平面図も断面図もなく実際のツールパスを提供し、100万リニアフィート以上ものカットに3Dの説明ファイルだけが提供されました。

Raphael Crespin のコメント: "このプロジェクトはRhinoなしでは不可能でした。"