2015年4月16日木曜日

food4Rhinoニュース

188のアプリが公開され、先月は41,000件のダウンロードがあったfood4Rhinoは、RhinoプラグインとGrasshopperアドオンの最初のウェブサイトです。

先週の新しいアプリとアップデート:


LastElfImagineElfButterfly: 靴のデザインと製作のためのコンプリート・スイート


3D Hubs Printing: Rhinoからダイレクトに3Dモデルを3D Hubsへエクスポート


Urban Network Analysis toolbox: 都市網の作成と編集


Iris: Rhinoモデル用のWebGL Exporter


Kangaroo Physicsインタラクティブなシミュレーション、形状探索、最適化、拘束条件解決のための生きた物理エンジン


Robots.IO: ワンクリックのロボットミリング


D.Loft: ボタンプッシュで展開可能なロフト







原文投稿者: Carlos Pérez

ROBOTS.IOニュース


Robots.IO_1-Click Robotic MillingRobots.IOVimeo
1-Click Robotic Milling入門 - Robots.IO

ROBOTS.IO
1-CLICK ROBOTIC MILLING SOFTWARE®

ロボットの動作を確実に行える視覚的なフィードバックを備え、1秒以内にツールパスを生成

Robots.IOソフトウェアは美しくミリング加工されたマテリアルの作成に役立ちます。際限なくクリックし続けるのはやめて、 ワンクリックでのツールパス作成を始めましょう:

  1. Built on Rhino3D – 世界500,000人以上のユーザーに証明されたCADプラットフォーム
  2. CAD linked to CAM – デザインファイルへの変更で製造シミュレーションを更新可能
  3. Interactive Timeline – 色分けされた視覚的フィードバックでロボットの動作を確認

ROBOTS.IOからのその他のニュース:

Computational Couture ワークショップ - Beyond Building Barcelona


Computational Couture ワークショップ
Beyond Building Construmat、バルセロナ
2015年5月19-23日

衣服は身体的機能(動作、防護、体温調節)との関係の進化だけでなく、純粋な指標の遂行的関係を越える文化的表現の進化においても、必要性だけでなく欲しいという要求に応えるためにもデザインされており、その美学を考慮すれば、体、空間、事象を仲介する一番身近な形状として考えることができます。

Computational Coutureは特別仕立ての高級服(典型的なオートクチュール)の製作に目を向け、体系的なアプローチの視点からRhinocerosとビジュアルプログラミング環境のGrasshopperで開発した3Dモデリングとコンピューターベースのアプローチを使って衣類を仕立てるテクニックを拡張します。
このワークショップは体のプロポーションと服飾製作に関する感受性を、服飾デザインや製作に向けたレーザーカットや3D印刷を用いてデザインとファブリケーションをつなぐアルゴリズム法に発揮、注入、拡張することが目的です。

参加者は(レーザーカット、3D印刷いずれかの)製作テクニックに関連する服飾の特定の面に集中するチームに分けられます。

参加費用

早期申込み(5月4日まで): €250
通常料金(5月5-15日): €350
費用には材料/制作費が含まれています。航空券や宿泊費は含まれていません。
お申込み(2015年5月15日まで)
お申込みの方はメールでご連絡ください: beyond@iaac.net

PRIMO、ジェネレーティブ・カスタムメイドのコーヒーテーブル





Studio SIMPLEXIOのMadalin Gheorgheが、ジェネレーティブデザインの原則とフレキシブルなコンピューター支援製造(CAM)システムを組み合わせたコーヒーテーブルのシリーズ、PRIMOを作りました。自然界の細胞レベルでの集合体に対処するVORONOI(ボロノイ)と呼ばれる、空間を仕切るアルゴリズムか複雑なジオメトリを引き出します。係数の和を構成する異なるパラメーターがコーヒーテーブルに異なる無限の複雑さを生み出しながら、同時に美学的な統一感をもたらします。




調査の目的は、あらゆる部屋、規模、人体にも適応可能な家具をデザインし、ファブリケートする方法を探すことでした。Grasshopperプラグインはパワフルなビジュアルプログラミング言語なため、簡単に使えて複雑なアプローチに取り組める素晴らしいツールです。このような複雑な形状の描画やファブリケーションは、このツールを使わなければできませんでした。

低価格のデジタルファブリケーションユニットと個別カスタマイズのフレキシビリティを組み合わせることで、セットでも個別でも機能するモジュールを作り出しました。
詳細...


Generative Furniture Design、www.GFD3D.com  またはwww.RhinoFabStudio.com へもどうぞご参加ください。

原文投稿者: Andres Gonzalez

2015年4月14日火曜日

ブラジル、レシフェにRhinoFabStudio

Fab Lab Recifeがブラジル北部および北東部の認定RhinoFabStudio 認定Rhinoトレーニングセンター(ARTC)の登録を申請中です。Fab Lab RecifeはRhino、Grasshopper等のコースを提供しています。
Fab Lab Recifeは4月16日(木)の8 pmにスペシャルイベントを開き、デジタルファブリケーションとデジタル製造を利用したビジネスの可能性について、オープニングトークが行われました。ブラジルのRhinoFabStudioとしてFab Lab Recifeを認証できることを私達もお祝いしました。Trotec(レーザーカッター)Latin AmericaマネージャーのKuterer Reinhard、RhinoFabStudioのメンターの1人、Affonso Orciuoliも参加しました。

Rhino for Mac ウェビナー: Creating Surfaces


SimplyRhino UKRhino for Macを特集した一連の無料ウェビナー4月15日(水)11amに行いました。


Creating Surfacesの内容:

  • 最初のサーフェス作成 
  • プロポーションの調整 
  • Rhinoでのヒストリ使用 
  • フィレットと移行サーフェス

AA Summer DLAB 2015 - ロンドン & Hooke Park


RED - ロンドン & Hooke Park
2015年7月27日-8月14日(月-金)

Summer DLABはアルゴリズム/ジェネレーティブデザインの手法と大規模なデジタルファブリケーションツールの統合を試みます。カラーベースのアジェンダを継続し、Summer DLABの2015年サイクルは‘RED’に浸ります。REDは自然の形成プロセスを探り、革新的で建築的な空間として解釈する始点であり、このコンセプトは空間的、パフォーマンスベース、構造的な基準を注意深く織り交ぜ、フルスケールで実用レベルのプロトタイプ作成を目指します。

Summer DLAB RED は自然界の崩壊現象を探ります。自然生命体で様々なスケールの崩壊プロセスを調べることで私達のデザイン研究分野として分解を発生させる法則をまとめ、その後大規模なプロトタイプの作成とファブリケーションのデザイン戦略の中にこの法則を進化させます。デザインとファブリケーションのプロセスはAAのHooke Park敷地内のロボットファブリケーションの支援で行われます。

3週間のプログラムで、最初2週間は本拠地ロンドンの独特な雰囲気と設備に囲まれて、最後の1週間はHooke ParkにあるAAの森で行う2段階のプロセスになっています。Summer DLABのデザインの目標を統一する、フルスケールの建築的介入のファブリケーションとアセンブリを中心に展開します。

詳細はこちらをご覧ください:

RhinoとGrasshopperのプレゼンテーション - パリ

RhinoforyouEcole Nationale Supérieure d'Architecture de Paris Val de Seineと共同でRhinoとGrasshopperの無料プレゼンテーションを行います:

日時: 4月20日(月)2 pm
場所: ENSA PVS à l'Amphi 120 - 3 quai Panhard et Levasseur, 75013 Paris

パリで Rhino とグラフィカルアルゴリズムエディタの Grasshopper をご紹介します。どうぞご参加ください。


2015年4月13日月曜日

EXPERIMENTAL CREATIONS - イタリア、ミラノ


Experimental Creationsは、素材の実験やクリエイティブなプロセスに焦点を置いたプロジェクトで、日本からプロダクトデザイナーの方達が参加されています。
株式会社アプリクラフトが、RhinoやGrasshopperでのモデリングのアドバイスの提供や、ブースの出展を後援しています。

日時 : 2015年4月14(火)-19(日) 10:00-20:00 (19日のみ18:00終了)
    オープンイブニング:4月15(水)20:00-22:00
会場 : Ventura Lambrate会場エリア内 Via Ventura 14, 20134 Milan Italy

詳細はこちらへ...

日本のRhinoユーザーの方による展示 - イタリア、ミラノ


ミラノデザインウィーク 2015

本年のミラノサローネ期間中に、Rhinoのユーザーである福定良佑様デザインの作品が Bonaldo, Cotto, Experimental Creations, industry+ (アルファベット順) により、四つの場所で発表されます。


Magazine Bag and Muffin Lamp for Bonaldo

日時 : 2015年4月14(火)-19(日) 9:30-18:30
会場 : Fiera Milanoミラノ国際見本市会場内 Bonaldoブース Hall 5, Stand F09-G06
ウェブサイト : www.bonaldo.it


OSILOI for COTTO at Another Perspective 3

日時 : 2015年4月14(火)-19(日) 10:00-20:00 (19日のみ18:00終了)
    オープンイブニング:4月15(水)20:00-22:00
会場 : Ventura Lambrate会場エリア内 Via Ventura 15, 20134 Milan Italy
ウェブサイト : www.cotto-anotherperspective.com


utsusiwa and Oriental Loops at Experimental Creations

日時 : 2015年4月14(火)-19(日) 10:00-20:00 (19日のみ18:00終了)
    オープンイブニング:4月15(水)20:00-22:00
会場 : Ventura Lambrate会場エリア内 Via Ventura 14, 20134 Milan Italy
ウェブサイト : www.experimental-creations.com


industry+ at Designersblock Milan 2015

日時 : 2015年4月14(火)-19(日) 10:00-22:00
    プレスプレビュー : 4月13(月)15:00-19:00
会場 : Ex-Ansaldo Via Tortona 54, 20144 Milan Italy
ウェブサイト : www.verydesignersblock.com

お近くまでいかれることがありましたら、どうぞお立ち寄りください。