2015年1月15日木曜日

ウェビナー: Rhino3DPRINT、1月29日


2015年1月29日(木)
9:00AM-10:30AM PST(太平洋標準時)
お席には限りがありますので、お早めにお申込みください!

Kyle Houchens と Uday Honnalagere がMecSoftの最新製品 - Rhino3DPRINT for Rhino 5を、楽しみながら知識を得られるテクニカルデモでご紹介します。どうぞご参加ください。モデルを3D印刷向けに準備するためRhinoとRhino3DPRINTを併用する使い方を紹介し、Rhinoの3DモデリングコマンドとRhino3DPRINTのツールを組み合わせたパワフルなファイル変換でメッシュを準備/処理して、3D印刷を成功させる方法に焦点を合わせます。
 
参加をお勧めする方
3Dデータを3D印刷向けに、効果的で最適化された状態に準備を整えたいとお考えの方でしたらどなたでもご参加いただけます。既にモデリングツールをお持ちの方も、3D印刷に向けた段階でこの組み合わせを追加できるかもしれません。
 
プレゼンテーションは約1時間で録画され、セッションに続いてQ&A が行われます。

原文投稿者: Jody Mills

2015年1月12日月曜日

Design and Digital Fabrication


日: 2015年1月15日
時間: 8:00 am - 5:00 pm
場所: SCAD ART MUSEUM
ワークショップのお申込みはリンク先をご覧ください: お申込み

メモ1: 参加者はRhino 5 for Windowsがインストールされたコンピューターを必ずお持ちください。

インストラクター: 公立学校でエンジニア、建築、CAD/CAM、木工を30年に渡って教えている John Niebergallです。

カンファレンス: プレゼンターのリスト
ワークショップ: 全てのワークショップを表示 
プレゼンテーション:  Rhino用プラグイン

原文投稿者: Andres Gonzalez

Algorithm Modeling、AMP3Dのワークショップ


2015年1月30日 - 2月13日(18時間)
イタリア、ミラノ

Riccardo GattiがGrasshopperアドオンを使うRhino 5でのジェネレーティブモデリングのコンセプトと可能性を探り、3D印刷に向けてそのコンセプトを応用するワークショップを行います。どうぞご参加ください。

このコースはGrasshopperの概念や機能を効率的に学ぼうとお考えのデザイナー/設計者に向いています。
コースはイタリア語で行われます。



2015年1月11日日曜日

Rhino向けV-Ray デザイン ビジュアライゼーションのワークフロー



ワークショップ: V-Ray Design Visualization Workflows for Rhino
日: 2015年1月15日
時間: 8:00 am - 5:00 pm
場所: SCAD ART MUSEUM
ワークショップのお申込みはリンク先をご覧ください: お申込み


Chaos Groupのマスタートレーナー、Vassil PepelyankovFernando Rentasが、建築やプロダクトデザインのビジュアライゼーションにどうしてV-Rayが必須ツールになっているかを紹介します。



カンファレンス: プレゼンターのリスト
ワークショップ: 全てのワークショップを表示 


原文投稿者: Andres Gonzalez