2015年12月3日木曜日

地域になじむ方法


周辺に配慮した建築物を見るのは清々しいものです。ニューヨークのソーホー地区で、BKSKはメッセージ性のある建物にはめ込まれるだけになっていたかもしれません。良い建築作品ではありますが、必ずしも周辺と相性がいいわけではありません。BKSKはそうなる代わり、隣にある1850年のビルの壁に並ぶ小さなポツ窓に合わせて片側を歴史的な地域に溶け込ませ、近くにある1872年の鋳鉄のビルに合わせたカーテンウォールの大きな窓へとデザインを変化させました。

BKSKはファサードを滑らかに変化させるデザインに使ったGrasshopperを含め、様々なソフトウェアを利用しました。

0 件のコメント: