2015年11月13日金曜日

バイオロジーと生きた素材にGrasshopper



MITの Tangible Media Group、bioLogic がRhinoとGrasshopperを自然に応用します。

表面に付着できるバクテリアのフィルム、バイオフィルムを使い、bioLogicは ナノアクチュエーター、あるいはインスティゲーターとして生きた細胞を導入しました。 BioLogicのビジョンは、これらのアクチュエーターが工場で操作されるかわりに自然から成長することです。

バイオラボで育て、生きた細胞のアクチュエーターを採取、ミクロン解像度のバイオプリンティングシステムでアセンブルし、第二の皮膚へと変化させます。このバイオスキンは体温や発汗に反応します。プロジェクトのビデオで、このフラップが体表温度の高いエリアで開き、汗を蒸発させて体を冷やせるようにしている様子をご覧いただけます。スポーツウェアでの可能性が考えられます。

BioLogicは形状のシミュレーションとツールパスの生成にRhinoとGrasshopperを使いました。

詳細はbioLogicプロジェクトのページでご覧いただけます ...  



0 件のコメント: