2015年10月2日金曜日

オンライン ウェビナー: ARCHICAD – Rhino – Grasshopper Connection の紹介


2015年10月6日

GRAPHISOFTの ARCHICAD – Rhino – Grasshopper Connection を紹介するオンラインのライブウェビナーが行われました。業界一、双方向のリアルタイム コネクションで、クラス最高のインタラクティブなデザインワークフローを通して、建築家やデザイナーが人気のアルゴリズムデザインツール(Grasshopper)をプロのBIMソフト(ARCHICAD)と一緒に使えるようにします。

Rhino-Grasshopper-ARCHICAD connection は多くのデザインバリエーション探索を支援するユニークなデザインワークフロー、ファイル交換なしでアルゴリズムを使った構造や建物細部の作成と微調整を提供します。RhinoをサポートするGRAPHISOFTネイティブのファイル形式を補完し、あらゆるサイズ/複雑性のRhinoプロジェクトファイルをARCHICADで開き、保存できるようにします。RhinoとGrasshopperの既存のナチュラルリンクを拡張することで、新しいツールがRhino、Grasshopper、ARCHICAD、のどのデザイン環境にあるデザインでも開始・編集できるようにします。

こちらのサイトで詳細、公開ベータへのご登録とベータフォーラムへのアクセス入手について、PDFガイド、ビデオチュートリアル等をご案内しています。どうぞご覧ください。

10月6日にはアルゴリズムデザイン、フリーフォームモデリング、BIMでクラス最高レベルのこのデザインツールを利用する、ユニークなデザインワークフローを紹介するウェビナーが行われました:

Rhino – ARCHICAD ワークフロー: デザイナーがRhino – ARCHICAD間でモデルを交換することができます。
Grasshopper – ARCHICAD ワークフロー: 建築家がBIM環境でアルゴリズムデザインを作成することができます。

日: 2015年10月6日(火)
詳細: http://www.graphisoft.com/learning/online-seminars/registration-rhino.html 

オンラインセミナーは無料で、複数のタイムゾーンで行われました:

オセアニア、アジア向け(英語):
2015年10月6日(火)4 pm (オーストラリア東部/シドニー時間)

ヨーロッパ、中東、アフリカ向け(英語):
2015年10月6日(火)1 pm - 2 pm(GMT/ロンドン時間)

南北アメリカ向け(英語):
2015年10月6日(火)9 am - 10 am(太平洋夏/ロサンゼルス時間)

GRAPHISOFTについて

GRAPHISOFT®は1984年、建築向けで業界初のBIMソフト、ARCHICAD®BIMの火付け役となりました。世界初のリアルタイムBIMコラボレーション環境の革新的なBIMcloud®、世界初の完全BIM統合“グリーン”デザインソリューションであるEcoDesigner™、世界トップレベルのBIMビジュアライゼーションのためのモバイルアプリ、BIMx®で、引き続き業界をリードしています。2007年の買収により、現在 Nemetschek Group の一部となっています。

0 件のコメント: