2015年10月30日金曜日

3D Europa - Leonel Moura の彫刻


3D印刷されたこの巨大な彫刻は、ポルトガル人アーティストの Leonel Moura が作り上げました。芸術、ロボット工学、AI、3D印刷を組み合わせてきたアーティストであるMouraは、ブラジルから中国まで、世界中で作品を披露しています。米国ではアメリカ自然史博物館に1点、永久所蔵品の中に彼の作品があります。

この5メートルの女性像は多くの3Dモデルのように両腕を広げて立ち、目の前の地平線をじっと見つめています。様々な色で300ものブロックが3D印刷して取り付けられ、ハイテクの道化服を思わせるようです。

Mouraは彼のスタジオにある8つの3Dプリンターを使い、PLA樹脂からこの作品を作り出しました。作品名は“3D Europa”で6ヶ月をかけて製作され、多くの個人と、スポンサーとして、また複数の固定材を提供したWurth、Beeverycreative、3DFactoryのような数社の企業との協力がありました。

このモデルはRhinocerosで完成されました。

この彫刻は欧州委員会がリスボン市役所との協力で開催した ICT 2015カンファレンスで披露されました。

0 件のコメント: