2015年5月14日木曜日

Beyond Building Barcelona 2015 - エキシビション、ワークショップ、シンポジウム

Fira Barcelona, Gran Via Venue
5月19-23日


IaaC | Fab Lab Barcelonaの主催で行われたBeyond Building Barcelona のPavilion of Innovation 2015で、国際的に優れた研究やパイロットプロジェクトから徐々に知られるようになっている新しいアイデアと建設パラダイムが提示され、今までにないリアクティブなマテリアル、高度なデジタル/ロボットによる製造技術、環境対応性が、主要テーマとして紹介されました。

エキシビション

BEYOND | CALL FOR PROJECTSの一部の先駆的な学術研究プロジェクト、専門家によるプロジェクトおよびプロトタイプは Pavilion of Innovation 2015 で展示されました。これにはEnrico Dini のD-Shape、Philippe BlockのRib-stiffened funicular floor system、Neri OxmanのSilk Pavilionが含まれます。

これは研究や革新的プロジェクトを建設や技術の企業に紹介し、イノベーションと業界やビジネスの橋渡しをして、プロジェクトが実社会の発展に組み入れられるように可能性を提示することが目的でした。

イベント


Pavilion of Innovation 2015 はシンポジウム、先駆的な建築家やデザイナーが建設におけるイノベーションや未来のテクノロジーについて論じることのできる場などのイベント、またウェアラブル技術、モノのインターネット、デジタルファブリケーション、ロボットによる建設テクノロジー、空中ロボティクスについての教育ワークショップシリーズも、全ての社会人と学生を対象に行われました。

シンポジウム5月23日(土)に行われ、それぞれの講師やプレゼンターが短いセッションで革新的な業務やアイデアを紹介し、4D印刷、デジタルファブリケーション、自給自足ビル、分散型生産を取り上げました。



ワークショップ

5月19-23日、国際的なワークショップも Pavilion of Innovation 2015 で複数行われました。1日セミナーから5日間のワークショップまで様々で、ウェアラブル技術、コンピューテーショナルデザイン、デジタルファブリケーション、モノのインターネット、クレイを使ったロボット印刷、空中ロボティクスを使ったデータマッピングについて紹介されました。




0 件のコメント: