2015年3月25日水曜日

シンガポール国立競技場、シンガポール


Stadium of the Year 2014 受賞、一般投票8位、審査員投票3位
場所: シンガポール
デザイン: Arup AssociatesDP Architects

シンガポール国立競技場の建築的に魅力ある屋根構造は、一連の3D三角トラスで構成されています。Arupは建築、構造両方のデザインを完全に統合する必要があり、Digital Projects、Rhino、Oasys GSA(Arupの構造解析パッケージ)を含む様々なソフトウェア間でパラメトリック情報を変換する共通のインターフェイスを確立しました。最適化した屋根形状の結合には様々なトラス深さ、むくりへの配置、その他パラメーターの定義するジオメトリがありました。この効率化によって、チームは可能性のある様々なデザインソリューションを繰り返すことができました。

原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: